le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

出張イベント@BLUE TAMAGAWA

爽やかな秋晴れの朝☆まさにお出かけ日和ですね♪

秋は「スポーツの秋」でもあり、こんな良い日には、体を動かすのが好きな方は

外に飛び出したくてウズウズされているんじゃないでしょうか058.gif


昨日は、多摩川河川横にあるアウトドアフィットネスクラブ BLUE TAMAGAWAさんにお邪魔してきました。

全くスポーツのセンスがない私が何で???って感じですが(笑)

こちらで10月にオープンする薬膳カレー・ショップの関係者向けの試食会だったのです♪

で、またまたなぜ私が小田急電鉄関係者の皆さんに混じって試食会に参加することになったかというと、

アトリエおだきゅうでの漢方・薬膳講座10月開講に先駆け、来る10月12日(土)、アトリエに隣接する

こちらの施設で、トライアル講座として出張イベントを開かせていただくことになったためなんです。
a0121782_846934.jpg


BLUE TAMAGAWAには初めて伺ったのですが、多摩川の自然の風を直接肌に感じられる

とっても素敵な施設でした!
a0121782_8465210.jpg
a0121782_8471379.jpg

HPを見ると、ヨガ、ピラティスをはじめ、ノルディックウォーキング、太極拳やマウンテンバイクなど様々なスポーツだけでなく、

「コーヒーを飲みながら週末の過ごし方を考える」「森林ウォークをしたり、木々のゆらぎでリラックスする」など

運動オンチの私でも、ムムっ!と惹きつけられる、自由で極上な時間の過ごし方が提案されています。

BLUE TAMAGAWA HP⇒☆

そして10月にオープンするのは、薬膳カレーで人気の「じねんじょ」のレシピを用いた店舗


試食会では、これまた笑顔が素敵な健康美人シェフ☆アキヤマさんの誠実さと情熱が伝わる

薬膳カレー・薬膳茶・バターナッツのスープ+小鉢のセットをいただきました♪
a0121782_8441346.jpg


バターや添加物を一切使わず、信頼の農家さんから仕入れるという自然薯他、

たくさんの種類の薬草とスパイスが煮込まれたカレーは

コクがあるのに後口がとてもさっぱりしていて、体の奥深くにまで染み入る味☆

トッピングの有機野菜の美味しさも格別です。


個人的にも、小田急線沿線にお住まいの方だけでなく多くの人に教えたくなる

素晴らしい「気」の巡りを感じるスタジオでのイベントも、

きっと良い気の流れを感じていただけるものになると思います。

ご興味のある方は、是非足をお運びください♪お待ちしています!

体験講座

日時:10月12日(土) 12:30~


BLUE TAMAGAWA (小田急線 和泉多摩川より徒歩1~2分)
a0121782_855097.jpg


☆お申込み方法および詳細については、追ってお知らせいたします。

アトリエおだきゅう HP⇒☆

それでは、皆様良い週末をお過ごしください♪
[PR]
by xiang-hua | 2013-09-28 09:01 | イベント・セミナー

10月開講の講座&ワークショップ☆

おはようございます!

心配していた台風20号も日本から離れたようで、曇ってはいるけれど穏やかな朝ですね060.gif


毎年10月に入るやいなや、「今年も、もう終わりだね・・・。」とつぶやくのは長年の女友達。

そしてそれを聞いて急に焦り出す私なのですが、今年もそろそろ、彼女からこの言葉を聞くことになりそうです042.gif


「芸術の秋」「読書の秋」「食欲の秋」と言われるように、秋は充電の季節。

そして中医学=漢方の世界でも、五行により秋は「収」

夏には外に発散させていた気持ちを少しずつ内に収め、冬に備える時期です。


そんな秋にスタートする講座とワークショップを、今日は紹介させていただきます。



東急セミナーBE たまプラーザ校 
  
インナービューティで女子力アップ!
「薬膳・漢方で美・アンチエイジング」 10月期講座

10月22日(火)

11月19日(火)

12月17日(火)

いずれも10:15~12:15

詳細はこちら→☆


ヨガ・ワークス BMS R-LAB 五反田スタジオ

「漢方スタイルと簡単おうち薬膳 ~秋・冬編~」
10月16日(水)

11月 6日(水)

12月11日(水)

いずれも11:00~13:00

詳細はこちら→☆


アトリエおだきゅう 和泉多摩川

「はじめよう!イキイキ漢方・薬膳生活」
10月25日(金)

11月22日(金)

12月 6日(金)  

 1月24日(金)

 2月28日(金)

 3月 7日(金)

いずれも10:30~12:30

詳細はこちら→☆


こう書き連ねると、なんだか多くて忙しいように見えますが(笑)、

いずれも月1回の講座&ワークショップなので、ゆっくりペースです。


秋~冬にかけての食養生+ライフスタイル一般の知識に加え、

この時期に気になる症状(たとえば風邪や冷え症、女性特有の症状、アンチエイジングなど)に応じた

漢方薬や食材の選び方についても、具体的にアドバイスさせていただきます。


漢方は難しそうというイメージがありますが、試食を交えて楽しく講義を行いますので、

漢方、薬膳って何?という初心者の方も、お気軽に参加していただけます。


私が身を持って実感している漢方養生の良さを、できるだけ多くの女性と共有できたら、幸せです☆

お申込み・お問い合わせについては、各スクールで受け付けていますが、


こちらのブログへのコメント、またはメールでもお問い合わせいただいても大丈夫です。

xianghua@live.jp

お待ちしています053.gif
a0121782_9554339.jpg

[PR]
by xiang-hua | 2013-09-26 08:55 | イベント・セミナー

「内なる重心」 桐島洋子さんの人間力に学ぶ

おはようございます! 今朝はからだがズンと冷えて目が覚めました。

本格的な秋到来ですね☆


さて今日は「勉強の秋」らしく、ちょっとまじめなお話を・・・。


義母の勧めから、作家の桐島洋子さんがご自宅で開かれている私塾に参加することにした私。
先日は第一回目でした。


桐島洋子さんと言えば、当時としてはかなりセンセーショナルな新しい生き方を世に示した女性として

元祖「自由奔放な女性」のイメージがありますが、

実際にお会いする洋子さんから気負ったものは全く感じられず、ナチュラルであっけらかんとして

チャーミング、そして御年76才にして、同性からみてもドキッとするくらい艶やかなな女性でした。


塾と言っても、洋子さんから こうしなさい、ああしなさいという上から目線のお話は一つもなく

「私から得るものがあれば、あなたが勝手に学びとってください。」と言われているような気がします。


もちろん、洋子さんと同年代で長年のファンなら、彼女の近くに座れるということだけで夢のようでしょう

けれど新参者の、参加者の年齢層にあっては若い方?の私ですら

洋子さんから発せられる人間力、ありきたりな言葉で言えば「オーラ」に圧倒させられずにはいられませんでした。


当たり前ですが「人間力」にも個性があり、だからこそ付け焼刃のテクニックで身に着くものではないと思います。

洋子さんの場合は、華やかで知的なファミリー出身というバックグラウンドに裏打ちされた

気品と知性、それに数十年の非凡な人生経験が重なり、

人間としても女性としても、誰にもまねのできない輝きを放っていらっしゃいます。


今回のお話の中で強く心に残ったのは、「内なる重心」のこと。

洋子さん幼少の頃に葉山の海で身に着いた、どんな時にも瞬時にリラックスできる「才能」、

「海からの贈り物」ともおっしゃっていました。


内なる重心とは、目の前にあることに対して、ああしよう、こうしようと頭で考えるのではなく、

自分を空っぽにして力を抜いた時に、何か別の力が働いて良い方に導いてくれる

「指針」のようなもの? 一見スーパーナチュラルな能力のようにも感じますが、

もしかしたら、元々は人間に動物の本能として備わっている能力で、

それを掘り起こせるかどうかの問題なのでないか、とも思いました。

頭で考ようとすればするほど、その能力は消されてしまうのでしょう。


だからと言って、急に「空っぽになろう、リラックスしよう」と思っても、

簡単に実践できるものではないのですが、問題にぶつかった時には

抵抗して力むのではなく波に身を任せるようにしていれば、自然に良い方へとことが運ぶ

という自然のメカニズムがあるとすれば、とかく肩に力が入りがちな毎日が

ふぅっと楽になる気がしませんか?


彼女の年になるまで、あと四半世紀。

日々の積み重ねがその時の顔を作ると思うと、ついつい力んでしまいそうですが

自分の中にもきっとある「内なる重心」を信じてみたい。

他人の意見に流されるのはなく、良い意味で「自己中」な生き方、素敵だと思います。


日本家屋に骨董やアートがセンス良く配置された桐島邸のしつらえはとても素敵で、

特に中国家具と骨董が置かれた部屋は、幼少時代を上海で過ごされたエピソードと重なり、

それ自体にストーリーがあるようで、映画のような趣がありました。

さすがに邸内の写真をバチバチとるなんて品のない真似はできませんでしたが、

一枚だけ ランチの中華粥とお惣菜を撮らせていただきました☆ 

お米から4時間煮込んだというお粥、とても美味しかった♪
a0121782_82498.jpg



何事も、最後に勝負できるのは「人間力」だと信じている今だからこそ

この機会にめぐりあえて本当に良かったと思います。

これからも出来る限り塾通いを続けるつもりですし、

洋子さん、そして私の周りにもたくさんいる素敵な女性たちから日々学び、

私なりの人間力を磨いていきたいと思います。


最後に、素敵なきっかけをくれた義母に感謝・感謝です☆ 
[PR]
by xiang-hua | 2013-09-24 06:12 | つれづれ

ピンク・パープルの秋色茶会

中秋の名月、キレイでしたね~  我が家は息子とベランダでお月見しました☆

レジャーマットを敷いて、ランタンとお茶、お団子をトレイに載せて

クッションまで持ち込んで寝転んで、心地よい風に当たりながらお月様を眺めていたら、

癒され過ぎてウトウトしてしまい、あやうくベランダで朝を迎えるところでした(^_^;)


さて、昨日は久々の中国茶会でした。


サロン継続コースとしては、最近は薬膳レッスンがメインになってきていますが、

季節の変わり目やリクエストに応じて、ゆったりと中国茶を飲む機会をはさむことにしています。


秋分の日を前に、秋らしいお茶を、と思い選んでいたら、

白芽寄蘭、鳳凰単欉 蜜蘭香・・・とたまたま「蘭」が付いた名前のお茶が集まり

女性らしい、華やかなお茶会になりそうな予感。

ラストはlong shuプーアル 紫娟茶にオーガニックのローズマリーとハイビスカスをブレンドし

ビタミン補給&アンチエイジングの薬膳茶をいただきました。

紫娟茶に含まれるアントシアニン+ハーブで、湯色は美しいピンク・パープル。
a0121782_1253218.jpg



自宅レッスンでは、accoさんのお菓子も、お茶と並んで主役です。

シルキーな口当たりのパンナコッタ・カフェは、お好みで絶品チョコレートソースをかけて。

そしてこの季節ならではの洋ナシのタルト。 お月様みたい☆

梨のコンポートから、accoさんの手作りです。
a0121782_10132686.jpg


お茶とお菓子を堪能しながらのガールズトークは、楽し♪

あっという間に時が経ちます。
a0121782_1152555.jpg



参加してくださった皆様、ありがとうございました。

次回は薬膳レッスンで、お待ちしています。
a0121782_9512120.jpg

[PR]
by xiang-hua | 2013-09-21 12:10 | 中国茶レッスン

食事を楽しんでいますか?

「うちの子は給食は美味しい!と言ってお代わりもするらしいのに、同じものを家で作っても食べてくれない。」

と言ったお話を良く聞きます。 うちも、そう・・・(^_^;)

 

子供が食事を「おいしい!」と感じるしくみには、味だけではなくて

食事を楽しいと感じること、つまり心理的な要素が多いに影響していると思われます。


給食が美味しいと感じるのは、もちろん味が良いということもありますが、

お友達とみんなで楽しく食べるから♪ なのです!


子供に限らず、一人暮らしの高齢者を含め、大人の世界にも同じことが言えます。

核家族・高齢化社会・女性男性共に結婚離れで独身主義・・・現代社会で

「食卓を囲む」という言葉通り、大勢でにぎやかに食事をしている家庭がどれだけあるでしょうか?


一人で黙々と、ただ空腹を満たすために食べる時と、皆で「美味しいねぇ」と言いながら

またその日あったことを楽しくおしゃべりしながら食べている時

食事の内容にかかわらず、圧倒的に後者の方が美味しい!と感じられているはずです。


先日のレッスンでお話ししたこと。

どうも家では勉強に集中できない私は、良く近所のスタ〇や〇ックなどを利用しますが

特に朝、4~5人のおじいちゃんとおばあちゃんが集まり

お年寄りの合コン!?とも見まごうような光景を良く見かけます。

「おはよう~!」「おはようございま~す!」 笑顔で声をかけあい

みなさんとっても楽しそうにおしゃべりしながら、朝のコーヒーを飲んでいらっしゃいます☆

中には朝からハンバーガーをほおばるおじいちゃんも(*^_^*)

ハンバーガーだってこんな風に楽しく食べたら、きっと胃もたれしないでしょう。


漢方の理論でも「楽しい・嬉しい」という感情は気をスムーズに巡らせ、

結果的に食べ物の消化吸収機能を高める結果になるのです。



忙しくて食事を作る暇のない一人暮らしの人でも、工夫次第で楽しい食卓を演出することはできるはずです。

コンビニのお弁当であっても、そのまま食べるのではなくて素敵なお皿に移したり

ランチョンマットを使ったり、好きな音楽を流したり☆


食事の中身にこだわるだけではなく、心と体に大切なのは、楽しく食事をするということ。

我が家の反省も含め、考えさせられる今日この頃です。
a0121782_15415065.jpg

[PR]
by xiang-hua | 2013-09-17 15:44 | 漢方&薬膳

美肌と漢方の関係☆「お肌は内臓の鏡」

若々しく美しい肌・・・特に女性にとって、『美肌』は永遠の憧れであり、誰もが手に入れたいものですよネ☆


中医学=漢方では、『肌は内臓の状態をを映す鏡』と言われます。

五臓がきちんと機能して気・血・水のバランスが整っている人のお肌は、健康的。

逆にそのバランスが崩れ、五臓の働きが低下すると、お肌も不健康になってしまう、と言うことです。


では具体的に、「健康的で美しい肌」とは?

青白かったり、白すぎたり、紅すぎない、黒ずんでおらず、黄色いくすみもなく、

頬にほんのりピンクの自然な赤みがさしている明るい顔色。

かさつき、シミが目立つ、クマが出やすい、吹き出物やにきび、むくみなどのトラブルがなく、

自然なツヤがある状態、などなど。

目元や口元に深いしわがあったとしても、健康的なお肌は美しく感じられるものです☆


お肌の問題は、ビジュアル的に美しいかどうかということだけに関わっているのではありません。

お仕事や人付きあいで「健康的で明るい人」と言う印象を他人に与えられる人は、

やはり健康的な肌の持ち主だと思いませんか?

そう言う意味で、お肌の状態は社会生活にも少なからず影響を与えるものと言えます。


漢方では女性の生体機能のピークは28歳と言われ、35歳ごろから徐々に老化が始まります。

たしかに私も、その頃から鏡の中の自分を観て、あれ!?昨日までこうじゃなかったのに!

とショックを受ける事が、何度となくありました(>_<)

そしてその度に、効果な化粧品を試してみては、効果を実感できなくなれば

また別の化粧品を試して・・・の繰り返し。でも根本的な解決にはならず、

年だからしかたないのかなぁ、なんて、あきらめていました。

特にアトピー体質の私は、常に皮膚科通い(^_^;)お肌のトラブルにはずっと悩まされてきたのです。


でも、薬膳・漢方を学び、食生活とライフスタイルを意識した生活を始めて数年、

いつのまにか、化粧品に頼ることがなくなりました。

気が付くと、お肌のことを気にせずに済んでいた。という感じです。


もちろんトラブルが全くない訳ではなく、年齢に応じた人並みの悩みはあります。

でも以前はとても嫌だった、夕方頃になると必ず現れる黄くすみと目の下のクマ、疲れ顔(;一_一)

これらはほとんど気にならなくなり、くすみを隠すためのコントロールカラーも使わなくなりました。

初夏から夏にかけて悩まされた全身のアトピーも

自分の体質を知り対処できているおかげで、徐々に出なくなり

猛暑だった今年の夏も、全くと言ってよいほどトラブル知らずで過ごすことができました。


アラフィフの今、若かった頃よりもずっと、お肌に関してはストレスが一番ない状態(*^_^*)


ただ、意志の弱さから、わかっているのに養生を怠ってしまうことはあり(-_-;)、

そうすると、すぐに体だけでなくお肌も不調になります↓↓

つくづく、体とお肌は正直です・・・。



漢方・薬膳に出会えたことに、感謝すると同時に、

もっと若い時に、食生活やライフスタイル全般の養生法を知っていれば・・・

とも思います。

だから、20代、30代、40代、そして私と同じアラフィフ以降の女性にも是非知ってほしい!

そして共有したい!(^^)!


更年期障害をはじめ心身のトラブルが気になる年ではありますが、

食とライフスタイルの養生法、そしてトラブルへの対処法を学んでいるお蔭で、

そんなに怖くありませんヽ(^。^)ノ

60、70代も健やかに、楽しい人生を送るために、

そして、年齢を重ねても美しく元気でいたい、そんな女性を応援するために、

これからも学び続けていきたい、と思っています☆
a0121782_13535222.jpg

[PR]
by xiang-hua | 2013-09-15 14:09 | スキン&エイジングケア

バジルとそばの気巡りサラダ

レッスン用のレシピを作る時、いつもお料理の名前に悩んでしまいます。

悩んだあげく、たいていは『○○と○○の和え物』、とかいう平凡な名前に落ちつくんですが(^_^;)

今日はこれで決まり!『バジルとそばの気巡りサラダ』
a0121782_22482446.jpg



今月の薬膳レッスン・テーマは「気滞」

その名の通り、気が停滞している状態です。

わかりやすく言えば、主にストレスや長期の緊張などが原因で自律神経失調症のようになった状態。

気が巡らなくなると、血の巡りも悪くなって、色々な病気の原因を作る結果になりますから

たかがストレスと軽く見てはいけません。


特に、一時も気を抜く暇もないほど多忙な毎日を送っている方、言いたいことがあっても

ぐっと飲み込んで我慢してしまいがちな方、せっかちな方、向上心や競争心が激しい方

他人や自分に怒ってばっかりの方・・・お気をつけくださいませ~


気を巡らせる食材としては、柑橘系や香草類など香の強いものが代表的ですが

ソバも気滞の改善に使われる食材なのです。


普通にお蕎麦をゆでて、やはり気を巡らせる三つ葉を散らしたり

柚子ごしょうを添えたり、なんていうだけでも、立派な気滞向けの薬膳♪なのですが

レッスン・レシピとしては、それではつまらないので、

お野菜と合わせて、ポン酢でさっぱりとサラダ仕立てにしてみました☆

袋入りのゆでそばを使ったので、ほんとにあっという間にできる一品です。

簡単な割にルックスがいいので、おもてなしでもいけます☆

飲みのシメにもいい感じ~


合わせる野菜は何でもいいんですが、気を巡らせる目的ですから、

香の強い野菜、セロリやみょうが、大葉、などがおススメです。

今日はモズクとセロリ、そして珍しい空芯菜のスプラウトを加えて、食感のハーモニーを楽しむ感じで。

そして、ちょっと目新しいのはバジルを散らしたところ。

大葉を使うつもりだったんですが、たまたま神奈川県産のバジルがたくさん袋に入ったものが

安く売っていたのでヽ(^。^)ノ トマトで彩りもキレイでしょ?


気が滞りやすい方は、食生活だけでなく、ライフスタイル・考え方を見直すことも必要です。

スポーツ、心理学や瞑想・気功や呼吸法など、自分に合ったストレス解消法を見つけましょう。


『気滞の薬膳』

9月19日(木) 現在のところ1席のみ空席あります。

お申込み・お問い合わせは xianghua@live.jp までお願いいたします(*^_^*)

[PR]
by xiang-hua | 2013-09-13 23:13 | 漢方&薬膳

女子力UPしそうな?ピンクの茶器

上海は景徳鎮のお店 小岩堂さんで、お皿のほかに買ったのは、茶器。

女性らしいピンクに、一目ぼれしました。
a0121782_927574.jpg


蓋碗の柄は数種類あり、鳳凰と迷いましたが、デザイン性で龍に決まり。

権力の象徴、龍。特にあやかりたい訳じゃないんだけどね(^_-)


最近お洋服や小物、なんでも妙にピンクが気になる・・・

年齢と共に、女性ホルモン活性化したい!と自然に体が欲しているのかも?(笑)


大き目の蓋碗で、薫り高い単欉などをいれたら、女子力アップするかしら☆
[PR]
by xiang-hua | 2013-09-10 09:33 | 薬膳茶・中国茶

白露・・・いちじくとジャスミン・ティー・ゼリー

昨夜から、急にひんやりしてきましたね。

この頃に、気持ちが落ち込む方は多いかもしれません。

「白露」を経て9月下旬の「秋分」が過ぎると、陰の気がグンと高まり、自然界も深い秋色に変わります。

夏のまぶしい陽射しから涼しい風が心地よく感じる反面、

気候の変化に体がついていけず、心と体のバランスを崩しがちです。

ちょっと気分が落ち込んできたかなぁと思ったら、季節のせいにしちゃいましょう(笑)

気持ちをゆっくりと持って、芸術鑑賞や読書など、静かな時間を大切にしてみてくださいね。



秋は「燥邪」に侵されやすい季節です。

空咳や喉の不調、お肌の乾燥・・・ いやですねぇ(*_*;

蓮根、大根などの白い野菜や果物、魚貝類やナッツ類など

体に潤いを与える食べ物で、乾燥を寄せつけない体と美肌を手に入れましょう♪


今月の薬膳レッスンは「気滞」がテーマ。

ストレスなどから来るイライラや憂うつな気持ちを解消しつつ、体調を整えるレシピを紹介しています。


デザートには香り高い「茉莉龍珠」と寒天の「ジャスミン・ティー・ゼリー」で決まり!

気の巡りを良くするジャスミンは、気滞体質の方にぴったりです。

シロップもレモン風味にして、更に気巡り効果UP☆


ゼリーだけでも良いのだけれど、秋なので、体を潤すイチジクと合わせてみました。

胃腸の調子を整えるイチジクは、昔から不老長寿の果物と言われてきました。

体を冷やしすぎないけれど、余分な熱を取ってくれるので、

ほてりを感じる時にも良いですよ~

いちじくは時間があれば、コンポートにしても美味しいですが、

シンプルに生のイチジク+ジャスミン+レモンの香りと食感のハーモニーが良くて、

我ながらハマってしまいました(笑)
a0121782_10124821.jpg



寒天を使うと固くなりそうですが、通常の2倍の薄さでフルフル柔らかいゼリーが出来ました。

パパ寒天を使うと、火にかける必要もなくとってもかんたーん♪

イチジクだけじゃなく、梨のコンポートにも合いそう。

色々なアレンジを楽しんでみてください♪
[PR]
by xiang-hua | 2013-09-07 10:24 | 漢方&薬膳

美味しい~ へちま♪

『ヘチマ』と言えば、体を洗うあのゴワゴワなものを思い浮かべる方が多いでしょう。

昔、小学校で育てていたような・・・という方も。

ヘチマ料理と言ったら、えーっと驚かれるかもしれませんが、台湾・中国をはじめ

アジア諸国、日本でも沖縄では昔から食べられてきた食材だということを

ご存知でしたか?


かく言う私も、実際に食べたことはありませんでした。

ヘチマを使った台湾料理がとっても美味しい!というお話を聞いて、いつか食べてみたいなぁと思っていたら

お友達が分けてくださいました! 立派でしょう~???

お母様の自家栽培だそうです!(^^)!
a0121782_840342.jpg


いただいたヘチマはかなり大きな4本。

食べきれるかなぁと思っていたのですが・・・

そんな心配は全く無用(*^^)v ペロッと平らげてしまいました~
a0121782_843248.jpg


だって、美味しいんですもの!

お友達に聞いた調理法を基に、シンプルに炒めてみました♪

しょうが、にんにくを炒めて、皮をむいたヘチマと、冷蔵庫にあった豚ひき肉

干しエビと紹興酒を加えて炒め、塩だけで味付けしただけ。


ウリ科なので淡味ですが、独特なのはその食感。

トロッとしているのに、やはり繊維が多いためでしょうか、サクサクとした歯ごたえがちゃんとある。

すでに、病み付きです(*_*;

薬膳的には、ヘチマ(糸瓜)は化痰類に属し、

痰湿症の改善、口の渇き、咳や下痢、血便・血尿、母乳の出が悪い時にも使われます。


今日までこの美味しさに出会えなかったなんて、なんて損をしていたんだろう!?

とまで思ってしまう。 もっと普通に流通してほしいなぁ。

若い間しか食べられないからなのかしら?


皆さんも、ヘチマが手に入ったら是非お試しください♪
[PR]
by xiang-hua | 2013-09-04 09:11 | つれづれ
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite