le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

上海でのお買い物 景徳鎮 桃とこうもり

上海で、買おうと決めていたのが景徳鎮の器。

「小岩堂」さんは豫園と古北にショップがあり、上海在住の日本人に人気のお店です。

日本で有名な某女性料理家も度々直接買い付けやオーダーに訪れているとか。


店内には所狭しと器が並べられ、とっても迷ってしまいましたが

最終的に茶器+お皿2枚、で落ち着きました。

お皿の一つは、中国ではおめでたいデザインとして定番の「桃とこうもり」。
a0121782_9585211.jpg

いかにもって感じではありますが・・・(*^_^*)

お部屋に飾るだけで幸せになれるようなオーラがあって、気に入りました。

あ、誤解のないよう申し上げておきますが、今でも十分幸せです♪♪♪  


博物館にある本物は1億何千万円・・・ってお店の方に説明されてもピンときませんが、

レプリカとして上質なものです。


「桃とこうもり」は日本人には違和感のある組み合わせですが、中国では幸福の象徴として

清代より多く用いられ、茶器のデザインとしても定番です。

桃は長寿を表し、邪気を払う意味があります。

こうもりは「蝙蝠」。「蝙」と「福」の発音が同じことから、幸福の象徴とされているそうです。


漢方的には、桃は身体を温め、気を補ってくれる、高い効能を持つ果物。

桃の種は「桃仁」と言う生薬。よどんだ血を流す働きがあり、お血体質の改善に使われます。

昔から桃が健康を守るおめでたい果物として喜ばれていたことから

不老長寿の象徴となっていったのでしょう。



今のところまだお皿として出番がありませんが、器は使ってなんぼ、だと思いますので

大切に使っていこうと思います。
[PR]
by xiang-hua | 2013-08-31 10:10 | つれづれ

天草 丸尾焼の器

夏休みに訪れた天草で、丸尾焼の器を買いました。

パンフレットの説明によると、丸尾焼は、古く江戸時代末期から熊本県天草に続く窯で、

80年ほど前 三代目を継承した金澤武雄によって、丸尾焼という名が定められたそうです。

懐古的になりがちな工芸の世界の中で、現在の丸尾焼は生活空間をより豊かにする

日用品としての陶器の可能性を求めているそうで、温かみのあるシンプルなデザインが特徴。

お値段も、お財布に嬉しいお手頃価格!


丸尾焼の器は妹夫婦が愛用していて、私もお土産でもらったりしていたのですが、

お店を訪ねたのは初めてでした。

a0121782_1471540.jpg

お店は木のぬくもりを生かしたギャラリーの作り。

無料でコーヒーが飲める大きな木のテーブルもあり、とても素敵なお店でした。、

夏なので、子供にはかき氷を出してくれました!


さて、何を買おうか・・・

滞在できる時間は短かく、たくさんある器から欲しい器を選ぶのは大変!

できればぜーんぶほしいくらい~(>_<)


で、さんざん迷ったあげく、息子と夫のためにご飯茶碗を買いました。
a0121782_1484837.jpg


ボーダーの柄は息子が自分で選んだもの。

たくさん食べるパパには、一回り大きなどんぶり風。


自分のお茶碗は悩んでしまい、とうとう選べず・・・

その代り?お茶用に、買ったこの二つ。
a0121782_14112723.jpg

黒い方は、縁のデザイン上、陶器としては限界まで薄くしてあるそうで

チップしやすいので気を付けてください、とお店の方に言われたのですが。。。


戻ってきてあけたら、ガーン 注ぎ口の所が早速チップしてました(泣)

しっかり包んであったのになぁ、クスン

でも、使うぞー
[PR]
by xiang-hua | 2013-08-28 14:15 | つれづれ

アンチエイジング とは?

講座のタイトルなどで、老若男女誰もが一目でわかる言葉として「アンチエイジング」と謳ったりしておりますが

私自身は全く、年を重ねることにアンチではありません。

加齢、老化というものは誰も避けることができませんから、受け入れた方が楽だし得。

若さに執着して、自然から逸した方法で抗うほど結果的に逆効果になることの方が多いのではないでしょうか。


ただ、もちろん若いころよりも丁寧なお手入れは必要ですし、

内外面からのケアで健康面、美容面での老化は遅らせることは可能ですから、

私自身も怠らないようにしようと思いますし、講座を通してお手伝いができれば、と思っています。


年齢とともに色々な面でハードルが高くなります。

「素敵な年の重ね方」と言いますが、年を取るにつれて内面と外見のバランスをとることの大切さ、

難しさが増します。

その難しさを制して、人生経験を通して人としてのあり方に自信を持ち、

「自分らしさ」を確立した人こそが、「素敵に年を重ねている女性」と呼ばれるのでしょう。

若い頃にはない魅力をまとった余裕と言いましょうか。

そのことに気付かず、若さと美にばかり執着して内面の成長を置き去りにしたまま年老いることほど、

恐ろしいこことはないと私は思うのです。


内面が顔に現れると言いますが、年を取るとそれは顕著になります。

自分の内的成熟は、はたしてこの年齢に見合うほど追いついているのだろうか?

人様から見て、恥ずかしくない自分に映っているだろうか?

心配・・・。


年を重ねると、お化粧や服装も引き算のおしゃれをした方が、断然美しく見えますよね。

だからコンサバ傾向になっていくし、その方が無難で美しいと思います。

でも、何もコンサバに収まらなくても、人マネではない自分なりの「カッコヨサ」、潔さが感じられたなら

どんな服装、お化粧をしていても、素敵な年の重ね方と言えるのではないでしょうか。


偉そうなことを言いましたが、私自身はまだまだ内面外見ともに発展途上。反省の繰り返しです。

でも、未熟さもまだまだのりしろがある証拠だと前向きにとらえ、精進していきたいと思います。



ところでSTORYの姉妹誌、美ST 10月号の特集は「40歳の坂、45歳の壁、49歳の崖」というすごいタイトルです。
a0121782_7302622.jpg

恥ずかしいんですが、この特集ページのほんの隅っこに、

以前のブログでご紹介したLong Shuさんのお茶やハーブなどと一緒に、

お茶目なポーズで載せていただいています(*^_^*)

もちろん、「崖」の一人です(笑)
[PR]
by xiang-hua | 2013-08-19 20:08 | つれづれ

夏風邪、大丈夫ですか?

暦の上では立秋を過ぎても、今まさに暑さのピークが続いています。

夏は暑さのために開いた毛穴から邪気が入りやすい季節。

熱中症予防のために水分補給はとても必要ですが、冷たい水をがぶがぶと飲んでしまうと

脾胃(胃腸周りの機能)が失調し、更に邪気が進入しやすい体になってしまいます。


夏風邪を引いてしまった方もいらっしゃるようですね(>_<)

夏に多い喉からくる「風熱」タイプの風邪は、のどの痛み、激しい席やのどの渇き、発熱などが起こります。

熱のために体も水分不足になっていますので、体の熱を取り除きつつ、うるおいを与える食材が適してします。

手に入れば食用菊は頭の熱をとってのどの痛みを解消しますし、

トマト、キュウリ、スイカなどの夏野菜、なし、キウイ、パイナップルなどの果物は良いですよ☆


逆に、しょうがやシナモン、唐辛子、スパイス類など、温熱食材は症状を悪化させるので、ご注意ください。


このタイプの風邪に効く漢方薬としては、ごく初期の段階でしたら、体の熱を取る銀翹解毒丸(ぎんぎょうげどくがん)や銀翹散などをお勧めしています。

ちなみに葛根湯は体を温める効果があるため、寒気からくる風邪には効果的ですが

夏風邪のようなのどからくる熱タイプの風邪には効きませんので、ご注意を。


写真は、上海のお友達の手料理、トウモロコシとスペアリブのスープ。

ごく普通の家庭料理が、脾の機能を高め、水分代謝をよくする薬膳なんですね♪

うちの薬膳レッスンでも、ちょっとスタイルや材料を変えたスープが梅雨~夏のレシピの定番になりました。
a0121782_9141630.jpg


しっかり食べて体力維持を心掛けて、くれぐれもお大事に!
[PR]
by xiang-hua | 2013-08-14 09:18 | 漢方&薬膳

ワークショップ@ヨガワークス 秋冬編

全米最大ヨガ指導者養成プログラム Yogaworksさま 

五反田スタジオ Body, Mind and Spirit Resarch Lab. にて

漢方・薬膳ワークショップ春夏編に続き、秋冬編も開催させていただくことになりました。

皆様とお会いできることを楽しみにしています♪


漢方スタイルと簡単おうち薬膳 ~秋・冬編~

開催日時:2013年10月16日(水)、11月6日(水)、12月11日(水) すべて11:00~13:00

開催場所:Body,Mind and Spirit Research Lab
       東京都品川区西五反田1-25-1 KANOビル5F



☆ヨガワークス ワークショップ情報はこちら

☆漢方・薬膳ワークショップ 「漢方スタイルとおうち薬膳 秋冬編」 詳細はこちら

どうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by xiang-hua | 2013-08-10 18:43 | イベント・セミナー

紫娟茶

8月に入り暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

夏バテを防ぐ養生法は色々ありますが、旅先など、食事や生活スタイルのリズムが崩れがちですよね。

私は旅先や帰省先にも愛飲のお茶やハーブを持ち込み、バランスを保つようにしています。

a0121782_10153685.jpg


今日は、私が健康と美容のために日頃飲んでいるお茶をご紹介します♪

伊勢丹限定ブランド「NAVARASA(ナヴァラサ)」にも加えられている、

Long Shu(ロンシュ)さんのプーアル茶は、古樹茶のみから作られています。


今私が続けて飲んでいるのは、「紫娟茶(シケンチャ)」という、紫色をした特別な茶葉で作られたプーアル生茶。

スッキリとした生茶特有の風味に加え、酸味とほど良い渋さを感じる独特の口当たりが気に入っています。

もちろんこのままでおいしいのですが、時によってオリジナル薬膳茶にも変身!

暑いこの時期は、身体の熱を取り除く菊花をブレンドしたりして、楽しんでいます。

茶葉の味に癖がないので、どんなハーブや生薬にも合うのですね。


「紫娟茶」は美味しいだけではないのですよ~♪♪♪

健康と美容、そしてアンチエイジングという、女性には特にうれしい効能をたくさん持っているのです!(^^)!

血管を柔らかく、血液を浄化し、血圧を下げる他、茶成分に含まれるアントシアニンがダイエット、

アンチエイジング、そして放射線を防ぐという効能に特に優れていることが、

中国の茶葉研究所をはじめ現代の研究結果でも明らかになっています。


40才を過ぎるころから、血管は固くなりはじめ、動脈硬化などのリスクも徐々に高まります。

食事においても血液の流れをスムーズにすることを意識することが大切ですが、

お茶で養生できるって、素敵ですよね☆


女性なら誰でも、健康で美しく年を重ねたいもの。

紫娟茶は「紅楼夢」に登場する美しい侍女の名にちなんで名づけられたとか。

私もあやかりたいと思っています☆
[PR]
by xiang-hua | 2013-08-07 12:40 | 薬膳茶・中国茶
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite