le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

【LIVE LOVE LAUGH】 夏のコラボ・イベントのご案内

早いもので6月ももう終わり。 

夏休みを前に、心が少しフワフワとして来ましたね♪


さて、梅雨も明け夏本番を迎える頃の 7月16日、

自信プロデューサー 伊藤有希さんとのコラボレーション・イベントを催すことになりました。

場所は、銀杏並木が代名詞の青山。 外苑前駅から徒歩3分の、GINKGOです。


【LIVE LOVE LAUGH】初夏の心身コンディショニングお茶会

7月16日 10時半~12時半

外苑前 港区南青山2-12-15 7F シェアオフィスGINGKO 7F 

定員:6名

a0121782_21482416.jpg

バイリンガル司会者・通訳、講師としても幅広く活躍されているYukiさんは、

自信プロデューサーとして、心理学、メイクセラピー、自己表現トレーニングなどをベースにした、

独自のメソッドのセッションを行われています。


包み込むような優しさ、温かさに溢れたYukiさんのセッションには、深い気づきを通して、

ありのままの自分を好きになれる、そして自信を持って前に進むきっかけを

作ってくれる・・・そんなパワーがあります。


今回のイベントでは、心理学系ミニワークと、カードを使った「バランス力」をアップするワークショップを予定。

YukiさんのHP PARADISSIMO


私はテーマに合わせた薬膳ブレンド・ティーと中国茶2種を、茶芸を交えてお出しする予定です。


ほっとひと息、ゆったりと自分を大切にする時間を持ちませんか?


詳細はこちら

お申込み・お問い合わせは xianghua@live.jpまでお願いします☆
[PR]
by xiang-hua | 2013-06-28 18:09 | イベント・セミナー

夏のカルチャー

東急セミナーbe では7月期の講座生徒募集中です。


たまプラーザ校 「漢方・薬膳で美・アンチエイジング」 夏の講座は

「暑い日にも美味しく、おうちで手軽にできる薬膳」がテーマ☆


☆夏の薬膳レシピと薬膳茶

☆夏の体調不良を防ぐ漢方的ライフスタイル・アドバイス、

☆夏の漢方的ビューティー対策

☆夏にオススメの食材の説明


季節に合わせた中国茶と薬膳茶をお楽しみいただきながら、夏を元気に美しく!乗り切るコツをご紹介します。


主婦の立場から、私は常に食べる側にはもちろん、作る側にも優しい薬膳を目指しています。

特に暑い夏には、長時間キッチンで煮炊きしたくないですよね(>_<)


短時間で作れる夏のシンプル薬膳レシピを、毎日の献立に役立ててみませんか?



東急セミナーbe HPはこちら

講座のご案内はこちら 


a0121782_1330019.jpg

[PR]
by xiang-hua | 2013-06-27 13:30 | 薬膳茶・中国茶

デーツ

ドバイで病みつきになり、買いだめしてきたデーツ/デイツ(なつめやし)も底をついた頃、

BDプレゼントにお友達からいただいたドライフルーツのアソート。

ファー・イースト・バザールというお店のものです。
a0121782_20414017.jpg


こちらのドライフルーツは、食にこだわる方たちが太鼓判を押すだけあって、デーツはもちろん

レーズンもドライ・マンゴーも、味が全然違います☆


砂漠のような水のない所で貴重な栄養源として重宝され、クレオパトラも好んで食べたという

美容と健康にとても良いデーツ、こんなに質の良いものが日本でも手に入るなんて、素敵☆


そう言えば楊貴妃が好んで食べたと言われているのは、ライチですね。

美女はフルーツがお好き^^  


美味しく食べて、歴史的美の秘訣にあやかりたいものです☆
[PR]
by xiang-hua | 2013-06-26 20:53 | お気に入り

ブルー&ホワイト

とっても久々のブログ更新です。


めぐみの雨となるほどのまとまった雨は降らないものの、

梅雨らしく湿度は高く、ジメジメ不快指数度120%の今日この頃、

皆様いかがお過ごしですか?


湿気で重くなった空気で気分も沈みがちなこの時期、

自宅レッスンでは、少しでも爽やかなしつらえを、と心がけています。

うちのインテリアは暗めのトーンですので、重苦しくならないよう、

特に夏のテーブルコーディネイトには気を使います。


今月のテーマ・カラー(・・・って別に毎月決めている訳ではありませんが(^_^;)はBlue & White。

ブルー系のクロスを組み合わせたテーブルに合わせて、テーブル・フラワーもブルーにしてみました。
a0121782_185228100.jpg



昨日の薬膳レッスンに参加してくださった方から、お庭に咲いたお花をいただきました。

アナベルという種類の、純白のアジサイ。

とってもスタイリッシュで華やか、だけどどこか控えめで・・・大好きなお花です。
a0121782_1924634.jpg



まるでこのお花を待っていたかのように、ブルー&ホワイトのコーディネイトは完成。


ありがとうございました☆
[PR]
by xiang-hua | 2013-06-25 19:03 | 薬膳レッスン

いのち

家族の予想に反し(笑)今のところ元気な、ベランダのハーブたち
a0121782_1123287.jpg


朝、お水をあげようとしたら、パセリの鉢の端っこですくすく育っているクローバーを発見。

思わず何本か抜いてしまったのだけど、頑張ってお花まで咲かせようとしている姿が

けなげで、愛らしくて、ガラスの茶器にさしてみた。


雨の朝の、ひと時の癒し。
[PR]
by xiang-hua | 2013-06-14 11:27 | つれづれ

美味しい生薬

薬膳をはじめて、皆さんがへぇ~と意外に思われること。

それは、普段の食卓にあがる食材の中に、とりわけ薬効が高く、

漢方薬にも使われる生薬でもあり、食材でもある「食薬」と呼ばれるものがとっても多いということです。


ナツメ「大棗(タイソウ)」、クコ「枸杞子(クコシ)」、はと麦(ヨクイニン) などはその代表ですが

山芋=「山薬(さんやく)」、生姜=「生姜(ショウキョウ)」、シナモン=「桂枝(ケイシ)」、

百合根「百合(ビャクゴウ)」などはより身近な食薬ですね。



他にもミントやフェンネル、胡椒などのスパイス類やゴマ、クルミ、松の実、

蜂蜜、水あめや黒砂糖、意外なところではお酒やねぎ、茶葉などなど

数え上げればきりがありませんが、これらはみーんな美味しい生薬、「食薬」なんです!(^^)!


普段捨ててしまうものにも生薬は多く、うんしゅうみかんの皮でできている「陳皮」は代表的。

うどの根っこは五十肩などに効く「独活葛根湯」に含まれている「独活(どっかつ」

桃の種は血を巡らせてくれる桃仁(トウニン)、ピーナツの皮

旬の食材では、とうもろこしのひげ、西瓜の皮、冬瓜の皮と種など・・・

こんないいもの捨てているなんて、なんてもったいないことをしているのでしょう(/_;)


と、とーっても長い前置きになってしまいましたが、

梅雨には体内の余分な水分を取り除くウリ科の代表「冬瓜」を良く使います。

冬瓜の皮は果肉よりも利水効果が高く、生薬でもあるのです。

やる気があれば皮つきのままスープ、なんていうのもいいですが、

普段のお料理では捨ててしまうことが多いですよね。

本格的な和食では、冬瓜の皮は厚めに剥くのが良いようですが

薬膳では、皮つきとまではいかなくても、

冬瓜の皮はなるべくうすーく、緑色が見えるくらいにむきましょう♪


余った冬瓜の皮、干してみました。 
a0121782_1041412.jpg


梅雨だからなかなか乾燥しないけど、お茶やスープに使ってみようと思います。

次はとうもろこしのひげに挑戦してみようかな(*^_^*)
[PR]
by xiang-hua | 2013-06-13 10:09 | 漢方&薬膳

ワークショップを終えて

ヨガワークス BMS-Lab様でのワークショップも、昨日がいよいよ最終回。

夏の食養生とライフスタイル、そして薬膳の基礎知識についてお話させていただきました。
a0121782_851519.jpg



↓試食の白きくらげと蓮の実のオレンジコンポート、そして中国緑茶とミント、レモンバーベナの薬膳茶。

他にも、緑豆とトウモロコシの炊き込みご飯など、試食していただきました♪
a0121782_8552314.jpg


自然・宇宙に根ざした漢方の理論は、実は何よりも人間に近い存在かもしれません。

限られた時間の中ではありましたが、苦い・難しい、といった漢方への固定概念を取り払い、

少しでも柔らかいイメージで身近にとらえるきっかけを作り、漢方の世界を体感していただきたい、

そのためにはどんなアプローチがいいのか・・・と、私の中でも試行錯誤の連続でしたが

その想いはしっかりとキャッチしていただけたと実感しています。


3回続けて受講してくださった方々、そして単発で参加してくださった皆様とのご縁に感謝!

そして毎回資料や試食のお手伝いを快く引き受け、ワークショップをサポートしてくださったスタッフの皆様

ありがとうございました♪


以下、ワークショップ受講生の皆様の感想とスタッフのコメントを一部ご紹介します- yogaworks HPより

「身体を温めるもの、冷やすものが分かったので、
これからの毎日の料理献立に役立てたい!」→日々取り入れている内に、自然に食材の選び方が身に付きます。楽しく役立ててくださいね♪

「 [漢方]=[楽しいこと]  を体感できました!」→良かった!何よりです^^

「漢方が初めてだったのでとても勉強になりました。」→初めの印象が肝心ですよね!お役にたてて幸いです♪

「秋、冬講座がありましたら、是非参加したい」→ぜひぜひ~☆ よろしくお願いします!

「先生がVery Beautiful!!」 ・・・あはは恥ずかしいけど、一番うれしかったりして(*^_^*)

物腰が落ち着いていて、とても優しい雰囲気の先生でした。→嬉しい~ ありがとうございま~す♪

講座の終了後も皆さんの質問に丁寧に答えて下さり、
参加者の皆さんが和やかな雰囲気に包まれた中で、漢方の世界観や知識を身に付けているようでした!

a0121782_8501232.jpg


ありがたいお言葉は全て心の糧として素直に受け取って、これからも精進していきます。

漢方・薬膳の知恵を、皆さんの今後のお仕事やプライベート・ライフに少しでも生かしていただき

健やかな日々を送られますよう、心からお祈りしています。

また、お会いしましょうね^^
[PR]
by xiang-hua | 2013-06-06 09:09 | イベント・セミナー

梅雨時にオススメの薬膳茶

梅雨時は心も身体もスッキリしない日が続きますね。

そんな時におすすめの、オリジナル薬膳茶をご紹介します。


薬膳茶と言っても、大葉(紫蘇)を刻んで黒豆茶と共に熱いお湯を注いだだけのお手軽さ♪

紫蘇の独特の辛みに黒豆の香ばしさと甘さがとてもマッチしていて、

緑と黒の色合いが見た目にも涼しげ。 最近のお気に入りです。
a0121782_15365335.jpg



紫蘇を乾燥させたものは「蘇葉(そよう)」と言う、風邪に良い生薬。

生の紫蘇にも体を温めて発汗を促す「辛温解表」の効果があり、

梅雨冷えや梅雨風邪に有効です。

気を巡らせる効果も高いので、湿邪によってモヤモヤと重~くなった気分を軽くして

食欲不振も解消してくれます。


黒豆はアンチエイジング効果でおなじみですが、体内の余分な湿を取り除く

利水効果も高いので、梅雨時期にはお勧め。

生の黒豆を炒ってもよし。

今回は、以前お友達にいただいて以来気に入って時々購入している、

京都は寛永堂さんのの黒豆茶を使いました。


黒豆はしばらくするとお湯でやわらかくなりますので、最後は食べてくださいね。


この二つの素材だけでも十分効果がありますが、

他に、やはり利水効果の高いハトムギを加えたり

ジャスミン(茉莉花)を加えると更に香り高く、リフレッシュ効果も高くなります。

先日のカルチャーでもお出しして、好評でしたよ♪


茶葉を加えるとしたら西湖龍井などの中国緑茶や日本の緑茶

または紅茶や発酵度の高い東方美人などの青茶(ウーロン茶)も合うと思います。


これから本番を迎える梅雨の憂鬱な気分と重だるい体調を改善してくれる薬膳茶、

よろしかったら、お試しください☆
[PR]
by xiang-hua | 2013-06-03 15:54 | 薬膳茶・中国茶
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite