le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

喉の乾燥・咳に百合根のはちみつ漬け

このところ運動会や発表会などプライベートのイベントが続き

忙しさにかまけて養生不足のためか、珍しく風邪をひいてしまいました。


風邪にも季節によって色々なタイプがあって、春から夏にかけては喉からくるタイプが多いものです。

スーパーマーケットで百合根が安く出ていたので、蒸してはちみつ漬けに。

a0121782_10534073.jpg


百合の根は百合(びゃくごう)という生薬でもあり、肺や皮膚、のどを潤してくれます。

薬膳では一般的に白い食材は肺に潤いを与えると言われ、秋の乾燥、空咳などに使われます。

蓮根、大根などもそうですね^^

同じく肺を潤し咳に効く蜂蜜と、胃の働きを助け抗菌効果を持つクローブを組み合わせ、効果倍増♪

蜂蜜もクローブ(丁子)も、れっきとした生薬でもあるのです。


ほくほく甘い百合根にクローブのバニラのような香りが利いて、デザートとしても美味しい♪

ついつい食べ過ぎてしまいそう)^o^(

体に潤いを与える食材は食べ過ぎると余分な「湿」を生んでしまい、

特に梅雨時には重だるさの原因にもなりますのでご注意くださいね~


ところで私の風邪は昨日がピークで、ちょうどカルチャーでのお仕事でしたので

受講生の方々にはお聞き苦しい講義でご迷惑をおかけしましたm(__)m


でもこの百合根と2日くらい飲み続けたオリジナルブレンドの薬膳茶のお蔭で、

今日は8割がた抜けた感じ。 喉もだいぶ楽になりました。

薬はほとんど使わずに私を梅雨風邪から救ってくれた薬膳茶、次回ご紹介しますね♪
[PR]
by xiang-hua | 2013-05-29 11:21 | 漢方&薬膳

上質プーアルで「華」の薬膳茶

伊勢丹限定ブランド「NAVARASA(ナヴァラサ)」にも仲間入りした
Long Shuさんの古樹茶プーアル

古樹茶ならではの上質さと栄養価の高さを漢方的な視点でとらえ、

食薬(生薬でもあり食材でもあるもの)やハーブを使い、薬膳ブレンド・ティーに変身させると?

一つの試みとしてご依頼を受け、作ってみた薬膳茶。

先日の薬膳にお越しくださった皆様に、試飲をお願いしました。

こちらは熟茶ベースで効能としては特に”女性”を意識したブレンド。

見た目の華やかさにもこだわってみました。
a0121782_9265166.jpg

皆さんの反応は上々♪ 当日の様子はYO☆奥さまのブログでどうぞ!


茶は薬膳のルーツとも言われています。

大昔、人が山に入り食べられるもの・食べられないものを選びながら生活していた時代には

生薬と食材の区別はなく、人が毒を持つ植物を誤って口にすることも多かったのです。

『神農本草経』で知られ、お茶や漢方の世界で特にに有名な伝説の神様「神農」は

民衆の病気を治療するため、自らの身体を実験台として沢山の植物を試食し、

体に毒となるもの・益となるものを選別していったと言います。

神農が日に72もの毒に侵され「茶」によって解毒した、という言い伝えがあり

これが食養、「薬膳」の起源とも言われているのです。

お茶は嗜好品としてだけではなく、薬膳的にも価値あるものなのですね。


薬膳茶のバリエーションは無限大。

これからも、味・効能・見た目の美しさなどを考慮し、私なりに楽しみながら考えていきます☆
[PR]
by xiang-hua | 2013-05-24 09:43 | 薬膳茶・中国茶

母の日のエディブル・フラワー

このところのバタバタでブログ更新が遅れ、タイミングがずれてしまいましたが・・・

先日の中国茶レッスンのために、accoさんが用意してくださった、エディブル・カーネーション。
a0121782_8573370.jpg


エディブル・フラワーは最近よく見かけますが、カーネーションは珍しいですね。

日本の母の日は過ぎていましたが、accoさんによるとフランスでの母の日は

5月最後の日曜日ということです。

※私の勘違いで、フランスの母の日をレッスン当日と書いてしまいましたが、
ご指摘をいただきました。お詫びして訂正いたします。
accoさん、ありがとう♪ ちなみに今年は26日にあたるそうです。


お菓子にカーネーション、そして素敵なメッセージも添えられ、

accoさんの優しいお心遣いに、参加者の皆さん感激しきりでした。
a0121782_8594873.jpg


周囲の方のさりげない思いやり・細やかな心遣いに触れる度、見習いたいなぁと心から思います。


ちなみに、このカーネーションはもちろん食用のために特別に栽培されたものだそう。

野菜に比べてもビタミンが豊富なのだそうです。

フラワー・サラダなど、素敵ですね♪
[PR]
by xiang-hua | 2013-05-21 09:07 | 中国茶レッスン

気の調和が生む癒し

a0121782_721477.jpg

レッスンの雰囲気というものは、主宰者が画策した通りにできあがるものでは、もちろん、ない。

参加者同士の会話や、それぞれから発される気や、私の心や体の状態によっても

毎回生れる雰囲気は違っていて、その場の空気がどんな風に動いていくのか

始まってみなくては、わからない。


全員の「気」の波長が合い、陰陽の調和が生まれた時の

何とも言えない高揚感や、じわっと毛穴がゆるむような癒され感

正直、それが楽しくて、そして私もそれを味わいたくて

サロンを続けていると言ってもいいかもしれません。


通ってくださっている方の動悸や目的は様々です。

純粋に学びの目的で来てくださる方、美味しいお茶を求めていらっしゃる方

日頃のストレスや忙しさからしばし解放されたい方、

それぞれのニーズを満たすことはなかなか難しいと思うのですが

行きつくところ、共通して求められているのは「癒し」なのではないかと思います。


だから自宅サロンで開く中国茶レッスンやお茶会では、

私でもお茶でもなく、その場にいる誰もが主役。

私や私が淹れるお茶は、皆さんの心や体に留まっている「気」を解放するための

お手伝いをする、メディアの役目であって、

「こうでなければならないと」いう形式にはそれほどこだわらない。


最近色々な方とお会いしてお話をする中で、私はそういうスタイルで良いと

段々と思えるようになりました。


焦らず、地道に、自分磨きを続けていこう。

a0121782_712337.jpg

a0121782_994183.jpg

[PR]
by xiang-hua | 2013-05-19 07:25 | 中国茶レッスン

東方美人と紅花の薬膳茶

薬膳・中国茶レッスンで飲んでいただく薬膳茶は、毎回のテーマはもちろん、当日の気温やお天気を考えながらブレンドしています。

先日の薬膳では、紅花(こうか)と、台湾烏龍茶「東方美人」を組み合わせてみました。
a0121782_981644.jpg


この日の薬膳テーマは「肩こり・眼精疲労」でした。

最近通っているお花屋さんが、開いてしまったからとたくさんおまけしてくれた赤いバラのおかげで

なんとなく「カルメンな感じ」のコーディネートになりました^^

毎回参加して下さるTさんのブログ。ご自宅でネイルサロンを開いていらっしゃいます。

いつも、レッスンを素敵に紹介してくださってありがとうございます♪


肩こりも眼精疲労も「血」の不足や停滞が原因であることが多い症状です。


紅花は、運動不足や冷え、ストレスなどによりよどんだ血が体内に停滞している

瘀血(おけつ)の方にお勧めの食材であり生薬、すなわち「食薬」です



そして台湾烏龍「東方美人」は別名「白毫烏龍」とも言い、青茶の中では70%以上と最も発酵度が高く紅茶に近いお茶です。

その昔ヨーロッパに輸出されて人気を博し”Oriental Beauty”と名づけられたことから、

「東方美人」と呼ばれるようになりました。

当時シャンペンをたらして飲まれたことから、「香檳(シャンピン烏龍」とも呼ばれます。

ウンカという虫に噛まれた茶葉で作るという特殊な製法により、蜜のような独特の甘味と香りが生まれます。


上質な東方美人は本当に美味しい♪

個人的にも大好きなお茶です。


紅花の味には独特のくせがあり、苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが

東方美人の甘味がそのクセを上手に緩和してくれます。


薬膳的に見れば、茶は体の熱を取る「涼」の食材ですが、発酵度が高いほどその特性は薄れます。 

不発酵の緑茶は茶本来の清熱作用が高く、暑い時や体が熱を持っている時に飲むと良く、

反対に全発酵の紅茶は冬や身体を温めたい時に飲むと良いとされています。

また茶は五味の中で「苦味」に入り、体内の余分な水分を排出し乾燥させてくれます。

これからジメジメする季節には上手に取り入れたいですね。


暑かったり寒かったりと忙しい気候のこの時期には、その日の気候の合わせてお茶を選ぶことも大切ですね♪
[PR]
by xiang-hua | 2013-05-13 09:39 | 薬膳茶・中国茶

yogaworks ワークショップ 2

ゴールデンウィークが明け、いつもの生活に戻りましたね。

休暇中に生活リズムが崩れたり、食べ過ぎ飲み過ぎで、胃腸疲れを感じている方もいらっしゃるかもしれません。


暴飲暴食は脾胃の機能を低下させます。

脾は、食べ物を消化吸収して得た栄養を、生命活動に欠かせない気血に変えて体に巡らせてくれたり、

体内の水分代謝も支える大切な機能。

お休み中いっぱい栄養を取っているはずなのに、なぜか疲れていたり重だるさを感じている人は

脾を傷めて気や血を作る力が低下、または余分な水分の停滞していることが原因かもしれません。

今日のようにお天気がよい日は、お散歩にでもでかけてすっきりしましょう♪


さて、GW明け早々の昨日は、ヨガワークス ワークショップの2回目。

前回の受講生の方々がせっかく漢方・薬膳に興味を持ってくださったので

2回目の今日は、基礎の理論、陰陽論と五行説のお話から入らせていただきました。

少し深い話になったので、特に初めて参加された方はもしかすると

「難しい」という印象を持たれてしまったかもしれませんが

陰陽の理論を頭の片隅にでもとどめておいていただければ、

これからの人生、そして日常生活の基盤となるものの選択肢の一つとして、

必ず役に立つことがあると思います☆

a0121782_8332375.jpg


床に座って楽しい試食タイム~♪
a0121782_8334087.jpg


後半は、6~7月にかけての梅雨の時期に役立つ

ライフスタイルのポイントと食養生についてお話ししました。

役立てていただければ幸いです♪


次回はいよいよ最終回。

夏の養生のポイントを中心にお話ししたいと思います。

来月も元気でお会いしましょう^^

ワークショップ情報はこちら
[PR]
by xiang-hua | 2013-05-09 08:42 | イベント・セミナー

おやつの時間

「おやつ」と言う言葉には、あらがえない魅力があります。                                                                                                       大人になって「おやつの時間よ~」と呼ばれることがなくなっても、特別で贅沢な時間の響きは変わらない。                                                                          今では甘いものに特別惹かれることはない私ですが、手作りのお菓子や心のこもったいただきもののお菓子だけは特別♪ 

一口いただく度に、幸せで心も身体もゆるんでしまいます^^


先週のレッスンでいただいた、accoさんの洋ナシのタルトとレモン風味のカップケーキ。

いつもの通り、ラブリー♪

どちらも私の試食用に作ってくれたものの写真でごめんなさい^^;
a0121782_12581713.jpg

a0121782_12591380.jpg
こちらは、カルチャーの受講生の方が作ってきてくださったお菓子。

クコの実や松の実がたくさん入ったローフードで、オーガニック・デーツ(なつめやし)だけの甘味だそう。

素敵な薬膳スウィーツですね~♪ ナッツやデーツがしっかり効いているのに癖がない。

a0121782_12564180.jpg

すっごく美味しくて、あっという間に完食してしまいました。またお待ちしています~^m^
[PR]
by xiang-hua | 2013-05-01 13:45 | つれづれ
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite