le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

我が家の新メンバー

息子にずっとねだられていたインコ、ついに我が家へ。

a0121782_735111.jpg
a0121782_7353823.jpg


まだ赤ちゃんなので、日に5回離乳食を与えなければなりません。

子育てが楽になってきたと思ったら、まさかの逆戻り(笑)

名前がまだ決まってないので、

「ピーちゃん」とか「パピー」とか「ラッキー」とか、

適当な呼ばれ方をしています。

意外に一番かわいがってるのは、夫かも^^;
[PR]
by xiang-hua | 2013-01-28 07:51 | つれづれ

工夫茶

先週のレッスンの様子。

中級の生徒さん、蓋碗の扱いに慣れてきたところで、

茶壺を使った台湾式の工夫茶の練習に入りました。
a0121782_7281816.jpg

a0121782_6492162.jpg


まだ、手順を覚えるだけでいっぱいいっぱいの段階ですが

初めてでも「楽しかった」という感想で良かった^^


茶芸は普段なかなか披露する機会がないかもしれませんが、

お茶を淹れている方も淹れてもらう方も気持ちが癒されるだけでなく、

所作や身のこなしが美しくなります。 

自然に動きが身に着くまで、覚えていきましょう!


この日のaccoさんのスウィーツは、

和三盆を使ったロールケーキ、チョコレートのマカロン、

栗のテリーヌはラム酒のきいた大人の味。
a0121782_7264275.jpg

[PR]
by xiang-hua | 2013-01-28 07:33 | 中国茶レッスン

カルチャー薬膳講座 第1回目

雪の予報が雨に変わった昨日、東急セミナーBE たまプラーザ校

薬膳&漢方講座の初日を迎えました。
a0121782_8265422.jpg


1月期は美とエイジングに特化したタイトルで開講していますが、

薬膳・漢方養生の基本は、健康管理、美容、エイジングケア全てに共通しています。


1回目の昨日は、漢方・薬膳ビギナーズの皆様のために

「気血水」が美とエイジングにどのように関わるのか、

例えば、シミ、しわ、たるみが気になる方には、どのような体質の傾向があるのか

などについてご説明しました。


その後はチェック表でご自分の体質や傾向を確認していただいた上で

それぞれの体質に合った食材とライフスタイルについてアドバイスを行いました。


初めての言葉も多かったと思いますが、

美意識の高い参加者の皆さん、熱心に耳を傾け質問もたくさんして下さいました。

そんな皆さんの姿勢に、私自身とても刺激を受けました☆


講座では、毎回、テーマに合ったレシピ数種類お渡ししています。

試食もありますよ♪

お肌プルプル美肌効果のある白きくらげ、安神効果のあるはすの実、

そしてりんごと柚子で作ったハニーコンポート。
a0121782_8304764.jpg

お肌を潤し、ストレスを解消し、美肌に欠かせない安眠に導いてくれます。

白きくらげやはすの実は、使い慣れない漢方素材に見えますが、

中華食材のコーナーや自然食品のコーナーなどで、意外に簡単に購入できます。

是非、試してみてくださいね。



次回、2月26日の講座第二回目は、体質に合ったダイエットのアドバイス

そして漢方的スキンケア、美肌や、不調に効くツボの実践を盛り込んだ内容です。

お楽しみに☆


お陰様で講座の残席は少なくなっていますが、2回目以降のお申込みも可能です。

ご興味ある方はこちらまでお問い合わせください

講座詳細はこちら
[PR]
by xiang-hua | 2013-01-23 08:45 | 薬膳レッスン

西太后

最近読んでいる、「西太后」にまつわる本。

世界で指折りの「悪女」と言ったイメージが強い女性ですが、

なぜか昔から気になる存在でした。
a0121782_13431637.jpg



西太后は良くも悪くも、とても女性らしい女性だったようです。

食や美容、ファッションに関するこだわりは並大抵ではなく

流行の先端を試すチャレンジ精神も旺盛。


食に関しては、食事の度に100以上の皿が並び、

1日の食費は1千万円程だったそうです(!)

一見とんでもないように思えますが、

西太后がいなければ、中国料理や京劇などの中国文化は

今ほどの発展を遂げなかったかもしれないと言われます。


個人的にとても興味深いのは、宮廷の医師が管理する「薬膳」によって、

西太后が70歳を超えてもシミ・しわひとつないきめの細かい美肌と

つややかな黒髪をキープし、平均寿命が45歳だった当時、

74歳まで長生きをしたということです。


西太后は「肉好き女子」だったようで、一番の好物は北京ダックだったそうです。

豚足や鴨の足のゼラチン質の部分も大好きだったとか。

若い頃から美肌を作るために「肉皮(ロウピー)」と呼ばれる、

鶏や豚の皮を使った料理を積極的に食べていたそうです。


そしてやはり、と思わされるのは、

決して冷たい物を口にしなかったということ。

薬膳の基本は、今も昔も変わることなく

女性の美と健康を支えているのですね。


宝石や美食などの贅沢が大好きで、流行に敏感で、

嫉妬深くて、わがまま。

夫や息子の死によって、図らずも政治の中心で君臨することになった彼女が

本当に求めたのは、実は政治的な権力ではなく、

華やかな生活と、女性としての普通の幸せだけだったのかもしれません。

そんな西太后が、なんだか哀しく、可愛らしくさえも見えてきました。
[PR]
by xiang-hua | 2013-01-21 13:58 | つれづれ

「薬膳」としての卵がけご飯

「たまごがけごはん」も、立派な薬膳。と言ったら驚かれるでしょうか?
a0121782_11454553.jpg


卵の黄身には、血を補い体を潤してくれる働きがあり、不眠や肌の乾燥にも効果的。

白身は体の余分な熱をさまし、のどの痛みや咳、目の充血を癒します。


例えば朝、気を補う炊き立てのご飯にかけて、一日の元気を養う一膳に。

最近は卵掛けご飯専用のたれなども売っていますが、なるべく添加物は避け

普通の「お醤油」がお勧め。卵の美味しさも損なわれません。

もちろん、アレルゲンにもなりやすい卵、食べ過ぎは禁物ですよ。



薬膳と言えば難しいイメージをお持ちの方も多いのですが、

実はこんな簡単で取り入れやすいメニューも「薬膳」なのです。

体に足りないものを補う、滞っていれば流す、と言うシンプルな考え方が身に着けば

決して難しいものではありません。


今話題の南雲式、マクロビオティック、ローフードなどなど、

健康に良いと言われる食のあり方の種類は増え続けるばかり。

何をどんな風に食べればよいのか迷っちゃうわ~と思っている方も多いはず。

ですが、答えは簡単。自分のライフスタイルに合ったものを選べは良いのです。


何かに極端に傾くことを良しとせず、「バランス」を重視するのが漢方・薬膳の考え方。

例えば、気が足りない「気虚」タイプの人が、頑張ってすごい薬膳を作ること、

これは、頑張りすぎて気を消耗してしまい、逆効果。

ストレスがたまりがちで気が滞っている「気滞」タイプの人も

料理を無理に頑張りすぎると余計にストレスがたまり、逆効果。

薬膳の基本に反していると考えられます。


自分の体調・体質と相談しながら無理なく続けられる「薬膳」は

ライフスタイルを問わず、広く受け入れられる方法ではないかと思います。


そのような考えのもと、自宅サロン、そしてカルチャーの講座でも、

皆さんがご自分やご家族の身体と相談して、自然に食材を選べるようになるための

ささやかなお手伝いができればと思っています。


さてさて、こちらはストリングスホテル東京インターコンチネンタルホテル26F

チャイニーズ・レストラン「チャイナ・シャドー」の「菜譜」。
a0121782_11542070.jpg


今年初めての定例ランチ会は、限られた時間ながら、

紹興酒の飲み比べにいつものガールズ・トーク♪で盛り上がりました。

今年も、こんな楽しい時間でリフレッシュしながら、

無理なく(笑)前に進んでいければと思っています。
[PR]
by xiang-hua | 2013-01-18 12:26 | 漢方&薬膳

1月期のカルチャー 始まります

まだ雪が残って、足元が滑りやすく注意が必要ですね。

今日の薬膳レッスンも、無事終了しました。

振替、新規の方もお越しくださり、6名のにぎやかなレッスンとなりました。


片付けも一段落、いただいたお菓子、台湾のドライマンゴー

そしてまだまだ出せる岩茶で、一人お茶の時間・・・

この時間がたまらない(笑)
a0121782_16574784.jpg


自宅での薬膳レッスンは新しいフェーズに入ったところでもあり、

レッスンが終わるごとに、何かしらの反省点がありますが、

次に生かして、より良い内容にしていきたいと思います。


さて、東急セミナーbe たまプラーザ校では、1月期の講座が始まります。


カルトナージュの講座を受け持っていらっしゃるLierre先生もブログに書かれていますが、

自宅サロンとカルチャーでの受講、それぞれの良さがありますよね。

自宅サロンでは、オリジナルの空間や、緊密な雰囲気を楽しめる一方、

カルチャーでは、より気軽に興味のある分野を学べる、試せるという利点があります。


東急セミナーbe たまプラーザ校で今回私が受け持つ講座では、

現在注目される「インナー・ビューティー」に着目し

漢方(=東洋医学)の知識を基に、食生活食とライフスタイルを見直すことで、

健康、そして内面からの美を引き出すことを目指します。

体やお肌の衰えが少しずつ気になり始める30代から

体が様々に変化していく40代~50代以降と、

幅広い世代の女性に共感していただける内容です。

もちろん、薬膳や中国茶そのものに興味のある方も歓迎です。


「薬膳&漢方で 美・アンチエイジング」は全3回の講座、

初日の1月22日(火)のみトライアル可能となっております。

詳しくは、こちらまで →東急セミナーbe HP 講座詳細

Lierre先生の講座はこちら
[PR]
by xiang-hua | 2013-01-16 17:09 | レッスンのご案内

朝の一杯で風邪予防 そして父の梅干し

昨日の大雪には驚かされましたね。今朝もまだ積雪が。

皆さん、転倒、お怪我にお気を付けください。


今年は厳しい寒さが長く続くそうです。

意識して養生していないと、すぐに風邪をひいてしまいます。


昔から健康維持のために親しまれている「梅醤番茶」

お腹の調子を整え、風邪を予防し、冷えを改善する、

この時期にはとても良い飲み物です。

市販のものもありますが、家庭でも簡単に作れますよ♪
a0121782_8461177.jpg


まず、梅干しを湯のみの中でお箸などで良く潰します。

そこに生姜のすりおろし(面倒だったらチューブで可です!)、醤油を少々加え、

番茶(三年番茶など)を注いで熱い内に飲む。 これだけです。

良くお年寄りが朝お茶の中に梅干しを1粒落として飲んだりしますが、

これは理にかなったことなのですね。是非お試しを!


個人的に梅干しと生姜の組み合わせ大好きなので美味いし、胃に優しいし、

体が温まるし、私は大好きですが、うちの子供は飲んでくれません^^;


今日は、父が自宅の庭になった梅を使って漬けた梅干しを使いました。
a0121782_8463091.jpg

もう忘れてしまったくらい何年も前から、毎年漬けて、

帰省の度に持たせてくれます。

以前はあまり考えもせずもらってきていましたが、

この頃は、「あと何年、作れるのかなぁ」なんて。

大事に食べようと思います。



さて、私も今日はお出かけ。

転ばないように気を付けて行ってきます!
[PR]
by xiang-hua | 2013-01-15 08:48 | 漢方&薬膳

年初めの薬膳レッスン

2013年初のブログ更新です。

冬休みは身も心も冬眠状態・・・ブログもすっかりご無沙汰してしまいました。

遅ればせながら、今年も、どうぞよろしくお願いいたします。


昨日は年が明けて初の薬膳レッスンでした。

テーマは昨年12月に引き続き「風邪・鼻炎」について。

二つのテーマで講義が長くなってしまいましたが、皆さん真剣に聞いてくださいました。


薬膳ランチタイムには、かぶのポタージュをお出ししました。
a0121782_1738129.jpg


玉ねぎの変わりに長ネギを使い、味付けは白みそのみ、

シンプルなスープで、カブの美味しさを丸ごと楽しみます。

豆乳に生姜を少々加え、味にアクセント♪

仕上げにはオリーブオイルと、健胃効果のある胡椒を使いました。


accoさんにいただいた、可愛らしいお菓子のお蔭で、テーブルもお正月らしく。
a0121782_17381659.jpg



それにしても年々、1年のスピードが速くなっていくような気がするのは私だけでしょうか?

だけど、歳を重ねるごとに人生における1年の重みは増していくのです。

う~ん、どうしよう~(ー_ー)!! と焦っている間に今年もスタートしましたが、

大きな目標を立てるよりも、「日々を大切に過ごす」

それが何より大事だと気づきました。


2013年が私の周りの全ての人たちにとって、

笑顔あふれる健やかな1年となりますように☆
[PR]
by xiang-hua | 2013-01-11 17:38 | 薬膳レッスン
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite