le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ORINDO のハーブブレンド紅茶

おはようございます。

この数日、涼しいというより肌寒い日が続いていますが、皆様体調を崩されていませんか?


お友達から、またまた素敵な紅茶をいただきました。

鎌倉に本店を持つ、ORINDOのオリジナルブレンド、ハーブフレーバーティー
(ジンジャー&レモン)です。
a0121782_8124717.jpg


紅茶、ジンジャー、レモンピール、レモングラスのブレンドです。
a0121782_8151325.jpg


ジンジャーのスパイシーな香り+レモングラスとレモンピールの爽やかさが夏らしく

漢方的には夏の冷え対策に良さそう!

美味しくいただいています。ありがとう、Hちゃん(^_^)/



折しも、偶然にも先週は「冷え症」の方向けのお茶ブレンドのオーダーを受けて、

オリジナル・ハーブブレンド薬膳茶をお送りしたばかり。
a0121782_1254778.jpg



夏のブレンドには体の熱を取る緑茶や白茶などを使うことが多いですが、

今回は特に冷えの症状が強い方向け、ということで、ベースに発酵度の高いお茶、

台湾の「紅茶」と「東方美人」を選び、ジンジャーや桂皮(シナモン)、ナツメ、陳皮などの

生薬にジャスミン・ローズを加えた”フラワリーノート”、

エキアセナやミントなどのハーブを加えた”ハーバル・ノート”の2種を作りました。


体を温めつつも、夏向けにさっぱりとした飲み心地、というところが工夫のポイント♪

もちろん自分でも試飲しますが、我ながらなかなか良い出来♪と自画自賛しています(笑)

ご注文いただいたK様にも、お気に召していただけたら幸いです。



さてさて、明日から1週間ほど、北京&上海に行ってまいります。

北京では、息子は万里の長城と紫禁城で夏休みの絵日記を書くと張り切っております。

上海では、茶器や茶葉の買い付け頑張ってきます!



しばらくご無沙汰しますが、お元気でお過ごしくださいませ☆
[PR]
by xiang-hua | 2012-07-22 08:32 | tea time

冷えたビールの誘惑

おはようございます♪

毎日、頭がぼーっとするくらい暑い日が続いていますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?


朝から、失礼。  おいしそ~♪♪♪

a0121782_9164.png


でも、実はこの冷えたビールの誘惑、キケンです。



今朝の「とくダネ!」で、冷たいものを食べることに内蔵機能・免疫力低下を招くという症状を

「節電反動冷え」として紹介していましたね。



いかなる時にも、冷たいものを食べたり飲んだりすることは避けるべき、ということは

漢方養生において、ごく当たり前の「常識」なのですが 

意外にそれは皆さんご存知ない、もしくは意識していないのだなぁと、番組を見て再確認。



漢方的に言えば、暑いからと言って冷たいものばかり摂取していると、

五臓の中で消化機能をつかさどる「脾(ひ)」の働きが悪くなり、

その結果「気」「血」の生成や体内の水分代謝がうまくいかずに

体のだるさ・冷えからくる肩こり・頭痛・むくみ・アレルギーなど、様々な不調が起ります。

更には、気の不足による肌のたるみ・はりのなさも招いてしまうなど、

美容的にも良くないことだらけなのです。



これを西洋医学的に言えば、内蔵機能が低下し、悪化すると免疫機能が衰えて

重大な病気につながる危険性がある、ということなのです。


とは言え、これだけ暑いと冷たいものが魅力的に見えて、つい手が伸びてしまいます。

ぬるいビールなんて・・・と思っちゃいますよね(>_<)


中国に住んでいた頃、お店でビールをオーダーすると「冷えたビールか?」と必ず聞かれ、

なぜそんな当たり前のことを聞くのだろう???と不思議に思ったものでしたが、

漢方の考えを知ってから、納得。 

お酒の中で唯一体を冷やすのが、ビールなのです。

冷やして飲めば、余計に体に負担がかかります。

漢方の考えが生活に浸透していて、基本的に生ものや冷たいものを食べない

中国では、当たり前のことだったのです。


スイカも然り。  ただでさえとても体を冷やすものなので、

中国では常温で食べるのが常識だそうです。 



日本には、刺身やお寿司、漬物など、体を冷やす食文化があります。

レストランでも黙っていたら氷の入ったお水が出てきます。


日本人に疲れやすい人が多い、一因ですね。


夏に水分を摂ることは大切ですが、できれば常温以上のお茶かお水を

一度にごくごくと飲むのではなく、少しずつ、こまめに飲みましょう。

喉が渇く前に。

喉が渇きを感じた時には既に細胞が渇いているので、実は遅いのです。



冷たいものを食べたり飲んだりする時には、口の中で温めてから飲み込むようにするだけでも

ずいぶん違うので、やってみてくださいね。


ビールを美味しく飲むためにわざと喉をカラカラにして一気飲み、なんて最悪。

本気で体調を整えようと思ったら、絶対に避けるべきです。


冷たいビールの誘惑と、どうやって戦うか!?

私の、この夏の課題です(~_~;)
[PR]
by xiang-hua | 2012-07-17 08:55 | 漢方&薬膳

今年のらっきょう

毎年、らっきょう漬けはプロの友人に委託しています。

今年リクエストしたのは、黒酢と醤油を使ったらっきょう。だから、ちょっと色黒です。
a0121782_11364238.jpg


真っ白のらっきょうにこだわっている友人のMちゃんは、出来栄えをとても心配していましたが、

かりかりとした歯ごたえ、酸っぱすぎないマイルドな味と、全て大満足でした!

今年の夏も美味しいらっきょうが毎日食べられて、幸せ♪



らっきょうは気血を巡らせ、体を温めてくれるので

夏でもエアコンによる冷えなどが原因で血が滞り、肩こりなどの不調にお悩みの

「瘀血(おけつ)タイプの人にもお勧めです。


更に、酸味は、きゅっと引き締める収斂(しゅうれん)作用があるため、

毛穴を閉じて汗のかきすぎを防いでくれます。

夏、ある程度汗をかくことは、体内の余分な熱を排出するために必要なのですが、

汗をかきすぎると、気も一緒に流れ出てしまい、夏バテ、だるさが生じます。

特に、もともと気が不足している気虚タイプの人はご注意くださいね。

[PR]
by xiang-hua | 2012-07-12 11:49 | 漢方&薬膳

シンガポールの紅茶でプライベート・ティータイム

おはようございます。

夏本番到来を思わせる、暑い日が続いていますね。

こんな日は家の中で涼みながら、温かいお茶を飲むのが最高♪

ちなみに、まだ自然の風と扇風機ですよ(^_-)


先日お友達のTちゃんからプレゼントしていただいた紅茶は、

シンガポールのティーブランド ”TWG Tea company”のEarl Grey!キャー嬉しい~ )^o^(

自由が丘にお店があるそうです。 色々な場所にアンテナを張っているる彼女ならではのセレクト。



パッケージもとってもラブリィ ❤  

缶の中ぶたが日本の茶筒と同じ形状というところが、おもしろいです。
a0121782_102380.jpg

Tちゃんのおすすめ、季節限定のキーライム・ショートブレッドも買ってきたよー(*^^)v
a0121782_1075025.jpg




お茶は、というと・・・これがまたとっても香り高くて、うっとり・・・。

ベルガモットの香をつけたアールグレイは、お茶をいれた時の香で癒される

アロマ・セラピーの効果もかなり高いと思っています。



キーマンなどの中国紅茶が良く使われますが、こちらはセイロン・ティー。

漆黒の茶葉を見ても、そのグレードの高さがわかります。
a0121782_1024269.jpg

a0121782_10115730.jpg


至福のティータイムをありがとう♪
[PR]
by xiang-hua | 2012-07-10 10:23 | tea time

もやしと金針菜のナムル

いったいいつになったら、薬膳レッスンの写真をアップできるのでしょうかぁ(笑)


皆さんはパチパチ写真を撮ってくださっていたのに(もしかして、パチパチとはもう言わない?)

私はカメラを用意していたのにもかかわらず、すーっかり抜けていました。

前半の講義の時間が過ぎると、すっかり頭が空っぽになってしまうみたい(~_~;)


「夏の薬膳」の一品として登場した、もやしと金針菜のナムル。
a0121782_9334584.jpg



1.もやし一袋は3分程熱湯でゆでます。

2.金針菜(乾燥)はぬるま湯で30分以上戻し、更に熱湯で2~3分ゆで、食べやすく縦に割いておきます。

3.1と2の水気をある程度絞り(あまり、ぎゅーっと絞らなくていいです)、塩、ごま油で味を付けます。
お好みでおろしにんにく、唐辛子などを加えてくださいね。

4.白ごまを振って、できあがり。



金針菜(きんしんさい)は、ユリ科の花のつぼみで、中国や台湾などではとてもポピュラーな食材です。

日本では乾燥したものが中華食材のお店などで手に入ります。

血を巡らせてくれるので、貧血や女性特有のトラブルに効果的。

更に体の熱をさまし利水するので、暑い時にやむくみがちな方にも良い食材です。

また、別名「忘憂草」とも言い、元気のない時、憂鬱な気分を飛ばしてくれます。

最近は日本でも生の金針菜が出回っているようですが、生には毒があるので、

必ず調理して食べなければいけないと言われています。



乾燥の戻し汁にも効能がありますが、かなり味にくせがあるので、

調理の際には少し加えるくらいで良いでしょう。

スープや炒め物などに入れるとシャキシャキした歯ごたえが山菜のようで、美味しく食べられます。

私はよく、炊き込みご飯やきんぴらなどに入れます。



雨の日や梅雨の時期に体がだるーくなる方、気分がふさぎがちな方、是非お試しください♪
[PR]
by xiang-hua | 2012-07-07 09:48 | 漢方&薬膳

闘茶とチーズケーキ

今週の中国茶会では、久々に闘茶(利き茶)ゲームを楽しみました。


a0121782_7513025.jpg


発酵度や焙煎が近い2種ずつを組み合わせて、少し高度な内容にしてみましたが、

中国茶2~3年、またはそれ以上と、経験の長い皆さんの実力はさすが。

ほとんど100%の正解率でした! 私も嬉しかったです(*^^)v


緊張の利き茶タイムが終わって、後はリラックスタイム♪ 

お茶とお菓子を楽しみながら、おしゃべりに花が咲きます。

ジュンサイのようにお湯の中で泳ぐ、白毫銀針。
a0121782_755262.jpg



accoさんのお菓子は、皆さんのご希望で、チーズケーキとブラマンジェ☆

蒸し焼きタイプの濃厚なチーズケーキと、さっぱりタイプのブラマンジェの組み合わせは絶妙。

とっても美味しかったです!(^^)!
a0121782_802058.jpg

a0121782_852517.jpg



中国茶中級を卒業されたこちらのクラスの皆さんは、現在薬膳レッスンに通ってくださっていますが

たまには中国茶をじっくり楽しむ時間を・・・ということで、このようなお茶会を開きました。


次は「秋の薬膳」でお会いしましょう。お元気で、楽しい夏休みをお過ごしくださいね(^_^)/
[PR]
by xiang-hua | 2012-07-05 08:05 | 中国茶レッスン

お気に入りのアイ・クリーム kirei

飽きっぽい私には、長年使い続けているという化粧品があまりないのだけれど、

これだけはリピートするなぁ、という数少ないアイテムの一つが、SK-IIの「サインズ・アイ・クリーム」。
a0121782_1071630.jpg



目の周りの皮膚はとても薄いので、法令線などと共に顔の中で最も年齢が出やすいんですよね。

美容液をたたきこめば済む、という人もいますが、

やはり、目の周り専用のクリームにはかなわない。

海外ブランドのアイ・クリームも試しましたが、今のところこれが一番効果を実感できたかな。

日本人の肌に合っているのかもしれません。


こっくりと濃厚なクリームの、一度の使用はほんの少量なので、とても長持ちします。

多少高いと思われるお値段でも、コストパフォーマンスは◎だと思いますよぉ(^_^)/
[PR]
by xiang-hua | 2012-07-02 10:14 | スキン&エイジングケア
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite