le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

杭州☆河坊街&「楼外楼」

杭州には、歴史的な観光スポットがたくさんありますが、今回は暑さと子連れという条件のために、楽に動けるコースに絞りました。

ホテルのフロントで教えてもらったのは、南宋時代の古い町並みが再現された「河坊街」というエリア。
a0121782_10571783.jpg

平行して並んだ2本の500mくらいの通り沿いに、お土産屋さん、お茶や漢方のお店などがたくさん並んでいます。

こちらは清代に流行した「太極茶道」の茶館。高ーくあげたやかんの口から細長ーくお湯を出していれるあの、茶道です。

どちらかというと観光客向けの茶館かなぁと思って入らなかったのだけど、あのパフォーマンスはやっぱり見ておけばよかったと、ちと後悔。
a0121782_10584574.jpg

このおじさんのお店で、今年の西湖龍井茶を買いました。
a0121782_1121442.jpg


通りの突き当りには、上海の「新天地」を意識した?ような、古い洋館が立ち並ぶ通りもあります。。
道路の真ん中を走る水路には西湖から水が流れていて、水の都らしい趣があります。
a0121782_1113430.jpg


世界中どこの町にいようと、子供はマックに行きたがる(笑)
古い洋館を再利用したマクドナルド。白い内装、吹き抜けの3階建て、シャンデリアに、
息子はジュースを飲みながら「ここで結婚式ができそうだね!」と感激していました。
a0121782_1143818.jpg
a0121782_1141761.jpg


夜は、西湖にある老舗の「楼外楼(ろうわいろう)」での夕食で締めくくりです。
a0121782_11125897.jpg

ここでは、杭州名物「こじき鶏」(丸ごとの鶏のおなかに野菜を詰めて蒸し焼きしたもの)を食べるべきなのでしょうが、前回この店で食べたときにちょっと癖があった記憶があり、息子が食べられるかどうかわからないのでやめておきました。

結局普通のピータン豆腐、小龍包、鴨の燻製、レタスのオイスターソース炒めを食べました。
もちろん杭州のビールもね♪
a0121782_11104149.jpg
a0121782_1111276.jpg


マルコポーロが「世界で最も美しい街」と称賛した杭州。

何度訪ねても、飽きない街です。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-08-31 11:18 | china

漢方養生指導士 

漢方養生指導士になりました。
a0121782_10261545.jpg


記憶力が落ちた大人になってからの試験勉強は大変(汗)でしたが、お陰様で合格しました☆

半年の勉強では、まだまだひよっこ。

更に上のステージを目指すためのパスポートである認定証が届き、9月からは、漢方理論をベースにした体質の見分け方を身に着け、具体的な悩み別に対処できる「漢方スタイリスト」を目指す講座を受けることができます。

薬膳、茶芸、ツボなどの実践もあり、楽しみです♪


今年は学ぶ年!と決めていたのですから、

焦りそうになる気持ちを抑えて、目の前の小さな目標を着実にこなしながら少しずつでも前進していきたいと思っています。


広い意味で、中国茶も漢方に含まれます。

お茶を単なる嗜好品としてだけではなく、健康と美容を保つためのアプローチとしてもとらえ、

サロンにお越しくださる皆様と共に、楽しみながら学んでいきたいと願っております。


これからも、お付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。


そして、このブログを見て当サロン、もしくは私(笑)に少しでも興味を持ってくださった方へ

無料ではありませんが、体験レッスンも行っております。

詳細、予約につきましては、下記アドレス宛にどうぞお気軽にお問合せください。

xianghua@live.jp 


香華
[PR]
by xiang-hua | 2011-08-29 10:32 | 漢方&薬膳

茶葉博物館

杭州にある、中国茶葉博物館

a0121782_11163594.jpg

その名も「龍井路」という大通りに面した、西湖龍井の茶畑が広がる敷地内にあります。
a0121782_11351040.jpg

a0121782_11382745.jpg

a0121782_11391823.jpg


ここは、私が茶芸師の試験を受けた思い出の場所でもあります。

中国唯一の国立博物館であり、見学は無料。茶葉、茶の歴史、茶文化など、茶に関して詳しく学ぶことができる他、予約をすれば専属の茶芸師による実演を見ることもでき、茶芸師育成の窓口でもあります。

前回は試験のことで頭がいっぱいで気はそぞろ、展示物を鑑賞するどころではなかったので、
いつか、じっくりと見て回りたいと思っていたのです。

茶史館の最初に展示されているのは、お茶の世界だけでなく、漢方とも関わりが深い古代中国の伝説上の皇帝「神農(しんのう)」の肖像画と、「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」
a0121782_124324.jpg

こちらもお茶を学ぶ上では欠かせない人物。
唐の時代に茶のバイブル「茶経」を書いた「陸羽(りくう)」の肖像画です。
a0121782_1245283.jpg


宋の時代、貴族の間で流行し、日本の茶道の元ともなった「闘茶」の様子を再現。
a0121782_11293929.jpg


清代の茶館の様子と、当時の貴族が使った茶器
a0121782_11445446.jpg
a0121782_1148996.jpg

a0121782_1205817.jpg


チベットの典型的な住まいの模型と、バター茶を作る様子と道具。
a0121782_11504635.jpg

a0121782_11535270.jpg


展示物があまりに充実していて、サロンに通ってくださっている方全員に、
ツアーでも組んでも見せたい!と思ってしまいました(笑)

お茶に関わる人のみならず、誰でも興味を持って見学できる博物館だと思います
(壁にかかるのは、巨大なプーアール七子餅茶)。
a0121782_12213436.jpg


杭州を訪ねる機会がある方には、お勧めしたいスポットです。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-08-27 12:24 | china

杭州 ティー・ブティック・ホテル

杭州への旅で選んだホテルは、Hangzhou Tea Boutique Hotel (杭州天倫精品酒店)。

そう、名前に惹かれてしまいました~!

何といっても杭州ではお茶にどっぷりつかることが目的でもありましたから。

玄関にはお茶や茶器がディスプレイされ、チェックインからワクワク♪
a0121782_20223489.jpg


高級ホテルではありませんし、こじんまりとしていますが、スパも充実。
何より、インテリアの随所に使われている木の匂いがとても心地よく、
どことなく漂う和の雰囲気にも癒され、とても落ち着きます。
a0121782_20344453.jpg

a0121782_2115071.jpg

a0121782_20512947.jpg


そしてこれが一番感動の、部屋に備え付けられた茶器とお茶!
可愛らしい小さな茶壺の中には、西湖龍井、プーアル、九曲紅梅、3種類のお茶が収められていました。

もちろん、子供よりもはしゃいでいたのは私です(笑)
a0121782_20565432.jpg

a0121782_20373646.jpg


ただのミネラルウォーターではありませんよ。
天下第三銘泉と称される杭州の名水、「虎砲泉水」でお茶をいれることができるのです!
この水でいれる龍井茶の味は格別と言われています。
a0121782_20495952.jpg


ホテルのレストランも、美味しい上にびっくりするくらいリーズナブル!
杭州の料理は、薄味であっさりとしているので、日本人好みです。
a0121782_2142423.jpg


息子も大のお気に入り。

杭州を訪ねたら、また利用したいと思えるホテルでした。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-08-25 21:10 | china

ソウルメイト

→魂 (soul) の仲間 (mate) という意味で、互いに深い精神的な繋がりを感じる大切な人物のこと (「ウィキペヂア」より抜粋)
日本語では、「心の友」と言うのでしょうか。



昨日は、お茶を通して知り合った方と半年ぶりに再会しました。

二人で会って話したのはたったの2回。だけど、お茶にまつわる話はもちろん、深い話が尽きないのです。

帰りの新幹線の中で、「Soulmate」という言葉が浮かびました。



しょっちゅう会えなくても、心のどこかでずーっとつながっていることで、安心できる。

次に会える時までに、少しでも成長した自分であろうと、頑張れる。



そんな友人がいるって、本当に幸せなことです。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-08-24 08:22 | つれづれ

杭州の茶館「湖畔居」

今回の旅の目的の一つは、茶館を味わうこと。茶館では半日~1日かけてゆっくり過ごすので、短い日程ではなかなか実現しなかったのです。

杭州で、茶文化博物館の方に杭州で一番お勧めの茶館を聞いて直行したのは、「湖畔居」です。

その名の通り湖畔にあり、広い窓から西湖をパノラマで眺めることができます。
a0121782_75567.jpg


メニューには、西湖龍井一級、30年もののプーアル茶など、一人6000円~1万円ほどする高級茶葉から、1000円程度のお茶まで載っており、一度注文すると、最大2回お茶を変えることができます。

こちらは、緑茶の千島銀針。普段飲まないお茶を選びました。美しい茶葉ですね。
a0121782_8414666.jpg


ドライフルーツやナッツ、果物、そしてワンタンや麺など、食べきれないほどのお茶うけが次々と運ばれます。

息子には水果(果物)茶。さっそくひまわりの種に手を伸ばしてます(笑)
a0121782_8393414.jpg


鉄観音に似た青茶、龍泉金観音は杭州のお茶です
a0121782_8403813.jpg


ワゴンサービスで客にお茶をいれる、男性の茶芸師。凛々しい。
a0121782_8434093.jpg


欲張って計4種類のお茶を飲みました。杭州の風景と茶館の空気を堪能できた、充実の時間でした。
a0121782_8463583.jpg


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-08-22 08:47 | china

杭州へ

パソコンが壊れてしまい、長らくご無沙汰しました。

上海に滞在中、西湖龍井の産地でありお茶のメッカとも言える杭州へ一泊の小旅行をしてきました。

杭州と言えば、海かと思うほど大きな湖、西湖が有名です。
a0121782_11313788.jpg


でも気温40度という暑さのために、西湖を楽しめたのは、もっぱら車窓または夜でした。
a0121782_11474228.jpg
a0121782_1137398.jpg


西湖のほとりにあるカフェ。

外観にも内装にも中国の伝統的なデザインを取り入れ、とってもおしゃれだったのですが、
写真は暗すぎて、よくわからないですね(笑)
a0121782_11402985.jpg

a0121782_11425044.jpg


次回は茶葉博物館、西湖にある茶館など、ご紹介します。
[PR]
by xiang-hua | 2011-08-20 11:48 | china
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite