le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

夢&ワイン

忙しかった一日が終わり、ワインを片手にほっと一息・・・なーんて言うとかっこ良く聞こえるけど、実際はすぐそばで子供がおもちゃをばらまくし、テレビの音はガンガンうるさいし、雰囲気に浸るどころじゃないのが現実。はぁ~
a0121782_19481985.jpg


さて、日経新聞に「私の履歴書」という連載がありますが、今回は有馬稲子さんです。

今日の彼女のエッセイから。

女優一筋の人生でついに本物の履歴書を書くことがなかった彼女は、100円ショップで履歴書を眺めながら様々な妄想を頭に描きます。そして、履歴書にはなぜ「夢」という欄がないのだろう?と思うのです。彼女の夢は、イギリスのコーンウォール半島のランズ・エンド、地の果てという名の場所の、海を背にした断崖につくられた野外劇場で「源氏物語」を朗読してみたい、ということ。打ち寄せる波を伴奏に、光源氏役はダルビッシュ有考えられないそう(笑)。

素敵だと思いませんか!?「夢」と呼ぶにふさわしい、手に届きそうで届かなそうな、そして乙女チックで可愛らしい夢ですよね!しかも、年齢不詳ながら既にかなりの御年になっている有馬稲子さんが、こんな素敵な夢を持っているなんて!

それに比べて、私の夢はなんだろう?と自分自身に問いかけてみても、悲しいことになかなか頭に浮かびません。そもそも夢というのは頭で考えて出てくるものではないはずですよね。

「あなたの夢は?」と聞かれて、すぐに答えられる大人がどれだけいるでしょうか。日常にどっぷりつかって生活感一杯の毎日でも、人生を豊かにするために、そして人として魅力的でいるために、なんでもいいから夢を持つことは大切なんじゃないかなぁ。何せ夢見ることにお金はかからないし、どんな夢を見るのも自由だし。そんな思いを巡らせながら、ほろ酔いの夜はふけていくのでした。


さて、そろそろ子供を寝かせつけなくちゃ。
[PR]
by xiang-hua | 2010-04-27 19:53 | つれづれ

SPRAY’n WASH

飽きっぽい私がリピ買いしている数少ないアイテムのひとつ、"SPRAY’n WASH"

a0121782_8534287.jpg


ワイシャツのえりや袖汚れ、子供の服についたケチャップやクレヨンの汚れなどに直接スプレーし、後は洗濯機で普通に洗剤を入れて洗うだけ。新しい汚れは気持ち良いほど取れます!

アメリカ在住の方のお勧めということで教えてもらって以来、これなしでの洗濯は考えられなくなりました。地球環境保護的に見て、どうなのかはわからないけどね。

日本ではCOSTCOなどで入手できます。スプレー容器+4.5L入りのリフィルがついて、なんとお値段は1000円前後。これで半年~1年くらいは持ちます。
[PR]
by xiang-hua | 2010-04-24 09:05 | お気に入り

紅茶のレッスン

今日もまた、冷たい雨の一日でした。昨日はシャツ一枚で過ごせるくらい暖かかったのに・・・。
いつになったら冬物をしまえるのでしょうか~。

さて、本日のお茶会は紅茶のレッスンを行いました。雨の中、沢山の方に参加いただいて本当に嬉しかったです!ありがとうございました。

皆さんに試飲していただいた中国紅茶4種の茶葉です。一番手前が雲南省産ディエンホンの種類で芽の部分だけを摘み取った「金芽(ジンヤー)」、奥の3種は左から正山小種(ラプサンスーチョン)、キーマン、そして、細長くよれた茶葉の形が独特の九曲紅梅(ジョウチューホンメイ)。
a0121782_202446.jpg

そして、今日のacoさんのお菓子はスパイシーで香ばしいパンデピス、タルト・ブルダルー(洋梨のタルト)、グレープフルーツのプリン。どれもとても美味しくて、3種類の味と食感のハーモニーが素晴らしかったですね~。
a0121782_21562163.jpg
a0121782_21552464.jpg
a0121782_21554048.jpg

☆ここで、レッスンの補足をさせていただきます。

緑茶は不発酵茶、青茶(ウーロン茶)は半発酵茶でしたね。黒茶は微生物発酵茶もしくは後発酵茶。そして紅茶は全発酵茶です。

☆紅茶の製法 ①萎凋→②揉捻→③発酵→④乾燥

①摘み取り後の茶葉を室温35度くらいの室内で8~10時間ほどしおれさせた後、②茶葉を揉んで水分を出し、茶葉に含まれる酸化酵素の変化による発酵を促します。③その後、炭火でスチームサウナのような状態の暖かい発酵室で3時間ほど(茶葉により時間の長さは異なります)置き、りんごの皮の香りがしてところで完成、④その後、乾燥させます。 
[PR]
by xiang-hua | 2010-04-22 20:25 | 中国茶レッスン

黒茶のレッスン ②

昨日のお茶会も黒茶のレッスン。七子餅茶の生・熟茶と、散茶(リーフティ)を2種類いただきました。

黒茶の中で特に有名で、日本で一時痩せるお茶としてブームとなったプーアール茶は、普通のスーパーでも袋入りの散茶やティーバッグで売っているのを見かけます。

黒茶には確かに抗肥満効果があることが研究で明らかになっています。他にも血圧・コレステロール値を下げる、抗動脈硬化、抗糖尿病など様々な効能があります。

春休みのワインとチーズ三昧のお陰で体重が増えてしまったので、最近毎日プーアール茶を飲んでいます。でも、お茶会の度に美味しいお菓子をいただいてしまうので、なかなか痩せません(><)

a0121782_1255321.jpg
蜂蜜とフランボワーズのチーズケーキ、濃厚かつフランボワーズのさわやかな酸味が絶妙なバランスです。 3層の色合いもきれい!acoさんありがとうございました♪

チベットのバター茶※ を意識して、プーアール茶にはチーズも合わせてみました。
a0121782_12125515.jpg

‘ピエ・ダングロア‘ ウォッシュタイプですが味には癖が無く、クリーミィで何にでも合わせやすいチーズです。もちろんワインのお供にも最高!これじゃあ痩せないな・・・。

※バター茶: チベットを中心としたアジアの遊牧民の間で飲まれるお茶で、中国語では酥油茶(スーヨウチャ)。濃く淹れた黒茶の一種にヤクの乳から分離したバターと岩塩を加え、ドンモと呼ばれる専用の撹拌器具を使って、脂肪分を分散させて供する(ウィキペディアより)
[PR]
by xiang-hua | 2010-04-20 12:21

足浴でスパ気分

中国で足マッサージを頼むと、まず最初に桶に入ったお湯を持ってきてくれて、マッサージの前に足浴をします。大体お湯の種類を「牛乳か、漢方か」と聞かれ、いつも漢方の方を頼んでいました。

この数日は寒くて、冷え性の私は寝るときも靴下。そこで、上海時代にIKEAで買ってそのままベランダの物入れと化していた足浴用のたらい?を部屋に持ち込み、即席足浴してみました。わざわざバスローブに着替えて、お湯には古くなったバラのハーブティを入れて、ちょっとだけスパ気分です。ほのかにバラの香りが立ち上って、なかなか優雅な気分♪もっとバラを入れても良かったかな。
a0121782_13381127.jpg

足浴した後は、時間が経っても足元がずーっとポカポカ。足先が暖かいと身体全体がぬくもりますよね。
洗濯用のたらいとか(今ではあまりみかけませんが)、大き目の洗面器で代用できそう。簡単だし、お勧めです!
[PR]
by xiang-hua | 2010-04-17 12:00 | お気に入り

縁起物コレクション

今日のお茶会でのおしゃべりで話題に上ったのが、茶盤の上に置いて遊ぶ縁起物の置物です。紫砂の茶壺と同様、お湯やお茶をかけることでツヤが出て、育てる楽しみがあります。

我が家にも、ほとんど意味も考えずに買った縁起物がいくつかあるので、紹介します。

まず、これ。
a0121782_21574199.jpg

口にお金をくわえた三本足のカエル。神様のつかいでお金を持ってきてくれるという金運アップの縁起物だそうです。参加者のNさん、教えて下さってありがとうございました♪ 私もちょっと調べてみたんですが、三本の足でお金をかき集めるのだとか!目がギョロっとして迫力があるけれど、お店で並んでいる中ではこれでもおとなし目の顔でした。写真写り良くないなぁ~どうしても可愛く撮れない (- -)

それから、以前ブログで恵比寿様と紹介してしまったけれど、明らかに間違っているおじいさん。
a0121782_2215990.jpg

七福神について、調べてみましたが、恵比寿様だけが日本の神様で、他は日本がお迎えした外国の神様ということでした。大黒様、毘沙門天様、弁天様がインドの神様。そして福禄寿様、布袋様、寿老人様が中国の神様です。ということは、このお二人も福禄寿様、布袋様、寿老人様の内のいずれかということになりますね。上のカエルと違って、なんてキュートなの~♪お二人並ぶと更に、とってもフォトジェニックなおじいさん達です。

他にも、豚、足、金魚など。金魚は金運、豚は金運と家庭の幸せを呼ぶ縁起物だそうですが、足はなんだろ?ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてくださいませ~。
a0121782_2210494.jpg

とにかく、「金運は大事」という事が良くわかりましたね(笑)
[PR]
by xiang-hua | 2010-04-15 22:14 | tea time

黒茶のレッスン ①

最近の寒暖の差には心身ともに驚かされます。今日はまたしとしと冷たい雨が降り、まるで冬に逆戻りしたような一日でした。
a0121782_1922156.jpg

そんな雨の中、本日のレッスンにお越しいただいた皆様ありがとうございました。
身体を温める作用のあるプーアル茶を沢山飲むレッスンでしたので、少しでも暖まっていただけたなら幸いです。

黒茶は中国茶六大分類の中で最も難解で、まだまだ謎を秘めているお茶です。今日はプーアル茶の生・熟茶を飲み比べていただきました。茶葉の状態では区別が難しいですが、水色(茶の湯の色)ではっきり区別できますね。
a0121782_16354688.jpg

もちろん色の濃い方が熟茶です。質の良い熟茶は、どんなに濃く淹れても真っ黒ではなく、暗褐色をしていて透明感があります。そして年数が経つにつれて透明度は増し、味がまろやかになるのです。

そして、お楽しみのお茶うけ。今日のためにacoさんが用意してくださったのは、マンゴーココナッツのトロピカルなレアチーズケーキ、ケーキスタンドに乗っている、チョコレート入りのフィナンシェ。フランス語で虎の意の「ティグレ」と言うそうです。そしてさくさくとした歯ざわりが最高のアーモンド・サブレ。チーズとハムなどを添えてみました。濃厚なプーアル茶はチーズの味にも負けません。

a0121782_16414860.jpg
      熊本に古くからあるお菓子「蘇峰の梅」も仲間に入れてもらいました。
a0121782_16435083.jpg


中国内地からチベット、ウイグルなどの辺境へとお茶を運んだ道、唐の時代から続く「茶馬古道」に思いを馳せていた矢先、14日チベットで起きた大地震のニュースに心が痛みます。私には何もできないけれど、一日も早く、一人でも多くの命が助けられますように。
[PR]
by xiang-hua | 2010-04-15 16:54 | 中国茶レッスン

プーアール茶コレクション

約3年半前に上海で、お茶の先生の「20年後に間違いなく高値がつくから!」と言う言葉を信じて買ったプーアール茶たち。左が生茶、右は熟茶の七子餅茶(チーズビンチャ)です。
a0121782_18211969.jpg

「七子」というだけに7個買いたかったけれど、特に生茶は生産量が少ないので元値も安くなくて、3個しか買いませんでした。しかし年に20%は値段がupするそう。投資と思ってもっと買っておけばよかった!!

プーアール茶は人気のブランドやビンテージ物と偽って売られているものも多く、自分で買うのは非常に難しいお茶ですが、これらは正しい七子餅茶。まだまだ若いですが、年々味がまろやかに芳醇になっていくのです。

よく言われることですが、プーアール茶とワインは良く似ていますね。中国では、子供が産まれた年に作られたプーアール茶を買って、その子が結婚する時にプレゼントしたりするそうです。

いつの間にか集まったプーアール茶色々。竹の筒に入ってる物もあります。a0121782_2042852.jpg


そしてどこか懐かしいデザインの、
「七子餅茶」専用の持ち手つきかご。
餅茶がちょうど7枚入ります。
a0121782_18434526.jpg

[PR]
by xiang-hua | 2010-04-08 18:46 | tea time

出発前のお楽しみ

訳もなく、空港のラウンジが好きです。航空会社のVIPラウンジなどではなく、私がお世話になるのは特定のクレジットカードで入れる普通のエアポート・ラウンジですけどね。
a0121782_1123653.jpg


こちらは羽田に数箇所あるエアポート・ラウンジの中でもお気に入りの場所。多少ゲートと離れていても、時間の余裕があまりなくても、5分でも座っていたくて急ぎ足で向かいます。

離陸する飛行機をあらゆる角度から見ることができるし、雑誌も豊富。朝はクロワッサンも食べられまーす♪夕暮れ時も、素敵~。

空港や空港のラウンジが素敵に思えるのは、日常を忘れて旅気分に浸れるからでしょうか?

ちょっと残念なのは、ラウンジのソファに腰掛けた瞬間心の中に浮かぶのが何故か決まって中森明菜の「北ウイング」のメロディだということ。たまに違っても、聖子ちゃんの「時間旅行」。シチュエーションに合っているのか、どうなのか、微妙だわ・・・。

曲が古いのは仕方ないとしても、せめて外国のポップスとか、もう少しお洒落でロマンティックなイメージのBGMに変えたいなぁ。

でも日本人なんだから、ま、いっか。
[PR]
by xiang-hua | 2010-04-05 11:33 | お気に入り
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite