le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:薬膳茶・中国茶( 16 )

紫娟茶

8月に入り暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

夏バテを防ぐ養生法は色々ありますが、旅先など、食事や生活スタイルのリズムが崩れがちですよね。

私は旅先や帰省先にも愛飲のお茶やハーブを持ち込み、バランスを保つようにしています。

a0121782_10153685.jpg


今日は、私が健康と美容のために日頃飲んでいるお茶をご紹介します♪

伊勢丹限定ブランド「NAVARASA(ナヴァラサ)」にも加えられている、

Long Shu(ロンシュ)さんのプーアル茶は、古樹茶のみから作られています。


今私が続けて飲んでいるのは、「紫娟茶(シケンチャ)」という、紫色をした特別な茶葉で作られたプーアル生茶。

スッキリとした生茶特有の風味に加え、酸味とほど良い渋さを感じる独特の口当たりが気に入っています。

もちろんこのままでおいしいのですが、時によってオリジナル薬膳茶にも変身!

暑いこの時期は、身体の熱を取り除く菊花をブレンドしたりして、楽しんでいます。

茶葉の味に癖がないので、どんなハーブや生薬にも合うのですね。


「紫娟茶」は美味しいだけではないのですよ~♪♪♪

健康と美容、そしてアンチエイジングという、女性には特にうれしい効能をたくさん持っているのです!(^^)!

血管を柔らかく、血液を浄化し、血圧を下げる他、茶成分に含まれるアントシアニンがダイエット、

アンチエイジング、そして放射線を防ぐという効能に特に優れていることが、

中国の茶葉研究所をはじめ現代の研究結果でも明らかになっています。


40才を過ぎるころから、血管は固くなりはじめ、動脈硬化などのリスクも徐々に高まります。

食事においても血液の流れをスムーズにすることを意識することが大切ですが、

お茶で養生できるって、素敵ですよね☆


女性なら誰でも、健康で美しく年を重ねたいもの。

紫娟茶は「紅楼夢」に登場する美しい侍女の名にちなんで名づけられたとか。

私もあやかりたいと思っています☆
[PR]
by xiang-hua | 2013-08-07 12:40 | 薬膳茶・中国茶

白茶の季節

梅雨の実感がないまま、いつの間にか関東は梅雨明け。

途端に気温が上がって、熱中症注意!の暑さにぐったりしている方も多いのではないでしょうか(>_<)


毎年、この季節になると飲みたくなるのが、白茶。

摘んだんだ新芽や茶葉を日光に当てて軽く発酵させた、弱発酵茶です。

漢方的には涼性に属し、体の熱をとってくれる解熱効果に優れた、まさに夏向けのお茶と言えますね。


今日のお茶の時間のお供は、白茶の一種「白牡丹」。

香港マカオなど暑い地域でポピュラーなお茶です。

同じ白茶でも高級茶の「白毫銀針」に比べると、お茶としてのランクは決して高くないですが、

茶葉が多い分味が濃く、発酵茶らしい味わいがあります。

お食事や洋菓子と一緒に、茶器も気にせずゴクゴク飲めるので、気軽なティータイムにぴったり。

くせがなく、ほんのり梅の香りがして、気取らない味も私は好きです♪
a0121782_8423770.jpg


白牡丹は解熱効果のほか、美肌・美白、そしてアンチエイジング効果にも注目されています。

欧米でもここ数年流行っていて、white teaとして色々なブランドから売られているようです。



お茶菓子は、熱海にある老舗洋菓子店 三木製菓の「ネコの舌」。

あえて?ラング・ド・シャと呼ばないところが、可愛い♪

お友達に美味しい!と教えていただいたバウムクーヘンを買いに行ったのだけれど、

季節は既に過ぎており、代わりに買ってきたお菓子です。

余計なものを入れず、バターをたっぷり使った、シンプルながらリッチな味

こちらもおすすめです^^
a0121782_8554473.jpg

[PR]
by xiang-hua | 2013-07-08 09:14 | 薬膳茶・中国茶

夏のカルチャー

東急セミナーbe では7月期の講座生徒募集中です。


たまプラーザ校 「漢方・薬膳で美・アンチエイジング」 夏の講座は

「暑い日にも美味しく、おうちで手軽にできる薬膳」がテーマ☆


☆夏の薬膳レシピと薬膳茶

☆夏の体調不良を防ぐ漢方的ライフスタイル・アドバイス、

☆夏の漢方的ビューティー対策

☆夏にオススメの食材の説明


季節に合わせた中国茶と薬膳茶をお楽しみいただきながら、夏を元気に美しく!乗り切るコツをご紹介します。


主婦の立場から、私は常に食べる側にはもちろん、作る側にも優しい薬膳を目指しています。

特に暑い夏には、長時間キッチンで煮炊きしたくないですよね(>_<)


短時間で作れる夏のシンプル薬膳レシピを、毎日の献立に役立ててみませんか?



東急セミナーbe HPはこちら

講座のご案内はこちら 


a0121782_1330019.jpg

[PR]
by xiang-hua | 2013-06-27 13:30 | 薬膳茶・中国茶

梅雨時にオススメの薬膳茶

梅雨時は心も身体もスッキリしない日が続きますね。

そんな時におすすめの、オリジナル薬膳茶をご紹介します。


薬膳茶と言っても、大葉(紫蘇)を刻んで黒豆茶と共に熱いお湯を注いだだけのお手軽さ♪

紫蘇の独特の辛みに黒豆の香ばしさと甘さがとてもマッチしていて、

緑と黒の色合いが見た目にも涼しげ。 最近のお気に入りです。
a0121782_15365335.jpg



紫蘇を乾燥させたものは「蘇葉(そよう)」と言う、風邪に良い生薬。

生の紫蘇にも体を温めて発汗を促す「辛温解表」の効果があり、

梅雨冷えや梅雨風邪に有効です。

気を巡らせる効果も高いので、湿邪によってモヤモヤと重~くなった気分を軽くして

食欲不振も解消してくれます。


黒豆はアンチエイジング効果でおなじみですが、体内の余分な湿を取り除く

利水効果も高いので、梅雨時期にはお勧め。

生の黒豆を炒ってもよし。

今回は、以前お友達にいただいて以来気に入って時々購入している、

京都は寛永堂さんのの黒豆茶を使いました。


黒豆はしばらくするとお湯でやわらかくなりますので、最後は食べてくださいね。


この二つの素材だけでも十分効果がありますが、

他に、やはり利水効果の高いハトムギを加えたり

ジャスミン(茉莉花)を加えると更に香り高く、リフレッシュ効果も高くなります。

先日のカルチャーでもお出しして、好評でしたよ♪


茶葉を加えるとしたら西湖龍井などの中国緑茶や日本の緑茶

または紅茶や発酵度の高い東方美人などの青茶(ウーロン茶)も合うと思います。


これから本番を迎える梅雨の憂鬱な気分と重だるい体調を改善してくれる薬膳茶、

よろしかったら、お試しください☆
[PR]
by xiang-hua | 2013-06-03 15:54 | 薬膳茶・中国茶

上質プーアルで「華」の薬膳茶

伊勢丹限定ブランド「NAVARASA(ナヴァラサ)」にも仲間入りした
Long Shuさんの古樹茶プーアル

古樹茶ならではの上質さと栄養価の高さを漢方的な視点でとらえ、

食薬(生薬でもあり食材でもあるもの)やハーブを使い、薬膳ブレンド・ティーに変身させると?

一つの試みとしてご依頼を受け、作ってみた薬膳茶。

先日の薬膳にお越しくださった皆様に、試飲をお願いしました。

こちらは熟茶ベースで効能としては特に”女性”を意識したブレンド。

見た目の華やかさにもこだわってみました。
a0121782_9265166.jpg

皆さんの反応は上々♪ 当日の様子はYO☆奥さまのブログでどうぞ!


茶は薬膳のルーツとも言われています。

大昔、人が山に入り食べられるもの・食べられないものを選びながら生活していた時代には

生薬と食材の区別はなく、人が毒を持つ植物を誤って口にすることも多かったのです。

『神農本草経』で知られ、お茶や漢方の世界で特にに有名な伝説の神様「神農」は

民衆の病気を治療するため、自らの身体を実験台として沢山の植物を試食し、

体に毒となるもの・益となるものを選別していったと言います。

神農が日に72もの毒に侵され「茶」によって解毒した、という言い伝えがあり

これが食養、「薬膳」の起源とも言われているのです。

お茶は嗜好品としてだけではなく、薬膳的にも価値あるものなのですね。


薬膳茶のバリエーションは無限大。

これからも、味・効能・見た目の美しさなどを考慮し、私なりに楽しみながら考えていきます☆
[PR]
by xiang-hua | 2013-05-24 09:43 | 薬膳茶・中国茶

東方美人と紅花の薬膳茶

薬膳・中国茶レッスンで飲んでいただく薬膳茶は、毎回のテーマはもちろん、当日の気温やお天気を考えながらブレンドしています。

先日の薬膳では、紅花(こうか)と、台湾烏龍茶「東方美人」を組み合わせてみました。
a0121782_981644.jpg


この日の薬膳テーマは「肩こり・眼精疲労」でした。

最近通っているお花屋さんが、開いてしまったからとたくさんおまけしてくれた赤いバラのおかげで

なんとなく「カルメンな感じ」のコーディネートになりました^^

毎回参加して下さるTさんのブログ。ご自宅でネイルサロンを開いていらっしゃいます。

いつも、レッスンを素敵に紹介してくださってありがとうございます♪


肩こりも眼精疲労も「血」の不足や停滞が原因であることが多い症状です。


紅花は、運動不足や冷え、ストレスなどによりよどんだ血が体内に停滞している

瘀血(おけつ)の方にお勧めの食材であり生薬、すなわち「食薬」です



そして台湾烏龍「東方美人」は別名「白毫烏龍」とも言い、青茶の中では70%以上と最も発酵度が高く紅茶に近いお茶です。

その昔ヨーロッパに輸出されて人気を博し”Oriental Beauty”と名づけられたことから、

「東方美人」と呼ばれるようになりました。

当時シャンペンをたらして飲まれたことから、「香檳(シャンピン烏龍」とも呼ばれます。

ウンカという虫に噛まれた茶葉で作るという特殊な製法により、蜜のような独特の甘味と香りが生まれます。


上質な東方美人は本当に美味しい♪

個人的にも大好きなお茶です。


紅花の味には独特のくせがあり、苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが

東方美人の甘味がそのクセを上手に緩和してくれます。


薬膳的に見れば、茶は体の熱を取る「涼」の食材ですが、発酵度が高いほどその特性は薄れます。 

不発酵の緑茶は茶本来の清熱作用が高く、暑い時や体が熱を持っている時に飲むと良く、

反対に全発酵の紅茶は冬や身体を温めたい時に飲むと良いとされています。

また茶は五味の中で「苦味」に入り、体内の余分な水分を排出し乾燥させてくれます。

これからジメジメする季節には上手に取り入れたいですね。


暑かったり寒かったりと忙しい気候のこの時期には、その日の気候の合わせてお茶を選ぶことも大切ですね♪
[PR]
by xiang-hua | 2013-05-13 09:39 | 薬膳茶・中国茶
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite