le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:漢方&薬膳( 58 )

にらと豆苗の胡桃ゴマ和え

今月のお茶会に登場した小鉢です。
a0121782_6113651.jpg

この写真もそうですが、元々のレシピは、さっと茹でたにらに、砕いたくるみ、黒ゴマ、味噌、しょうゆ、蜂蜜をあわせて和える、というものですが、

ただ、この時期のにらは結構硬いしにらだけだと少々きつい感じがしたので、豆苗や、最近スーパーで見かけるベビー空芯菜などをさっとゆでたのを加えてみると、優しい味になって良く合いました。

スプラウト系の野菜が良いかなと思います。それ以外にもにんじんの千切り等も茹でて加えたり、鳥のささ身などを入れてもよいと思います。

にらは「起陽草(きようそう)」とも呼ばれ、冷え性の方にとても良い体を温める野菜です。

豆苗はビタミン豊富で糖尿病の方にも良いと言われる野菜です。味噌汁に入れるなど調理も簡単で美味しいので重宝しますよ♪

くるみ、黒ゴマ、トッピングのクコの実はアンチ・エイジング、肌や髪のぱさつきや疲れなどの老化によるトラブル予防、はちみつは体に潤いを与えます。

便秘にも良いレシピです


豆苗は、下のもしゃもしゃの部分の少し上から切って取っておくと、一度食べた後にもう一度収穫できます。1週間くらいでこんなに伸びました♪
a0121782_6264480.jpg


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-06-30 06:28 | 漢方&薬膳

黒いレンズ豆

またまたいただきものネタですみません。

accoさんからおすそ分けいただいた、フランスの黒いレンズ豆。ほんと、真っ黒ですね!
a0121782_772682.jpg


じゃが芋と一緒に、クミン風味の煮込みにしてみました。

1時間くらい水に浸しておいたレンズ豆にじゃが芋とローリエを加えたら、じゃが芋が柔らかくなるまで煮て、クミン・シードとオリーブオイルを加え、塩コショウして煮詰めました。

適当に作った割にはなかなか美味しかった♪ ので、お茶会でのお食事にも登場させてみました。
a0121782_7113243.jpg


豆類もじゃが芋も、胃腸の働きを高める食材です。

滋養強壮、胃が弱っている人、むくみが気になる人に良い組み合わせです。

もちろん、普通のレンズ豆でも美味しくできますよ~。




ところで、レンズ豆という名前は形がレンズに似ているからついたのですって。

そんな単純な理由だったんですね~。

じゃあ、ひよこ豆は?

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-06-26 07:24 | 漢方&薬膳

夏を乗り切る強い味方☆

お友達のMちゃんに漬けてもらった、らっきょうの酢漬け
a0121782_16264213.jpg


去年講習会を開いてもらったにもかかわらず、やる気がなかなかでない私に

優しいMちゃんの「代わりに漬けてあげるよ~」というありがたいおコトバ!

迷うことなく甘えてしまった (^ ^;)

砂糖を半分に減らしてもらい、私好みのキリっとした味です。


らっきょうは温の食物。血行を良くし、ストレスを取り除き、冷えとストレスから来る下痢や吐き気などに効果があります。

お酢も血行を良くし、食欲不振、消化不良に効果がある他

解毒作用もあり、梅雨から夏にかけて積極的に取った方が良い調味料です。



こちらは、白ワインとワインビネガー、ローリエとにんにく風味で作る野菜のピクルス。

一応自分で漬けました(笑)

あんまり自信ないのだけど、作っておけばしばらく保存できるし、便利ですよね。
a0121782_17405841.jpg



夏至を迎え、本格的な夏は目前。

猛暑に備えて、暑さに負けない体作りに務めたいと思います。


ありがとう、Mちゃん☆ 来年も、よろしくね ♪

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-06-22 16:38 | 漢方&薬膳

大根飴

気候のせいか、喉にダメージを受けている方が多いようですね。

漢方スクールの先生お勧めの、喉に良いという大根飴を作ってみました。超~簡単♪
a0121782_81922.jpg


<作り方>
1センチ角にカットした大根と同量の蜂蜜を広口瓶に入れます。
2~3時間経って大根がしんなりしたら上澄み液をすくってなめます。


大根は消化を促進し、喉の不快感、咳、口内炎に良い食材です。

蜂蜜はお腹の調子を整え、便秘を解消し、咳、息切れ、肌の乾燥などに効きます。

使った大根はエキスが出てしまっていますが、酢の物などにして食べられるそうです。

大根が余った時に作っておくと便利ですね☆

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-06-10 08:26 | 漢方&薬膳

デトックス・ブレンド

昨日は漢方スクールでみっちり頭を使った割にはさほど疲れず、
飲み友達とのリラックス・タイムでは楽しくてワインがいつもに増して進んでしまった。

二日酔い、というわけではないんだけど、今朝のお茶はデトックスを意識したブレンドティー。
a0121782_11173738.jpg

緑茶、菊花、ゴツコラ(ハーブの一種)に陳皮(みかんの皮を乾燥させたもの)を加えました。

不発酵茶の緑茶は、体の熱を冷まし、解毒を促します。

菊花は中国では菊花茶としてよく飲まれ、八宝茶の材料としても定番。
体の余分な熱と水分を取ると共に、目の疲れや充血、イライラ、高血圧にも良い食材です。
比較的手に入りやすいカモミールでも代用できます。

ゴツコラはデトックスには最強のハーブです。

最後に陳皮(チンピ)。体を温めて血行を促してくれる漢方素材です。
自分でみかんの皮を干して作ることもできます。
a0121782_11565123.jpg


そして、お茶請けはドライフルーツとナッツ。
a0121782_1125459.jpg

冷え性、貧血でお悩みの女性は多いですが、そんな方にドライフルーツはとっても良いです!
うちではほぼ毎日食べるので、あらゆる種類のドライフルーツを欠かすことはありません。

お砂糖をたっぷり使ったスウィーツは体を冷やします。食べすぎはNGですが、
食べたいのを我慢しすぎるのもストレスの元。自分へのご褒美として、楽しんで美味しく食べましょうね♪



ところで、陳皮は肌のくすみや目元のクマの改善にも役立ちます。
チンピ・エッセンスを使ったマッサージも有効とのこと。今度作ってみようかなぁ。

私もクマやくすみが気になる方ですが、これは血の巡りが悪く体が冷えているために起こるので、
体の中から整えていかなくてはいけませんね。

血行を良くするツボ押しも有効ですよ♪

◇クマには、瞳の真下「承泣(しょうきゅう)」というツボ。
 両手の人差し指先でゆっくり押して離すを3秒ずつ、10回繰り返します。

◇くすみには、目玉の中央から親指一本分下にある「四白(しはく)」というツボ。
 ちょうど頬骨の高い所辺りかなぁ。押すと痛気持ちいい場所です。
 中指を使って、円を描くように優しく押します。1~2分したら逆回りで。
  たるみ、肌の張りにも効果があります。


今朝、このツボ押しをやったら、びっくりするくらい顔色が良くなりました。
気になる方はやってみてね☆

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-06-09 11:41 | 漢方&薬膳

鉄分サラダ&みょうが寿司

今月のお茶会にお出ししたお食事から。
a0121782_135710.jpg

レシピ→戻したひじきをごま油で炒め、梅肉、ポン酢、ゴマで味付けし、茹でて絞った小松菜かほうれん草と和える。好みでひよこ豆、鰹節などを加える。
a0121782_1311612.jpg

レシピ→はと麦はあらかじめ煮ておき、炊きたての白米と混ぜ、酢めしを作る。温かい内にしょうがのみじん切り(ここではお友達が作ってくれたしょうがの酢漬けを使いました♪)、みょうがの千切りを混ぜ込み、冷めたら大葉の千切りも混ぜる。ゴマを散らしてできあがり!はと麦がなければ白米のみか、押し麦を混ぜたものや、玄米ご飯でも良いですね。

ひじきのサラダは、ひじきをオリーブオイルとにんにくで炒めて、塩とワインビネガーで味付けしたものをアボガドと豆で和えても面白い味でしたよ。

私の作る料理はオリジナル・レシピと、あちこちから色々ひっぱってきてアレンジしたものと半々ってとこかな。お料理の先生じゃないからね~♪ レシピ選びでこだわっていることは、とにかく簡単で美味しくて身体に良いこと。

みょうが寿司に加えたはと麦・漢方名は「よくいにん」は体内の余分な水分を排出する働きがあるそうなので、体質が水分を体内に溜め込みやすい水滞タイプの私は、漢方の先生にも薦められて最近常食しております。自然食のお店などには置いてありますよ。

これから暑くなり冷房の効きすぎ(今年は節電でそんなに冷えないかもしれないけど)に注意が必要ですね。特に私も含め冷え性かつ湿度に弱い体質の方は、腰や足首を冷やさないように気をつけましょう!

そうそう、今月のお茶会では「プチ舌診」をやって盛り上がりました♪

漢方スクールで習った、中医学ビギナーの私でもできる、ストレスがたまっているかどうかを診る方法 (^ ^)

舌に歯型がついている方は要注意ですよ!!


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-05-27 13:23 | 漢方&薬膳

アンチエイジング薬膳

今月のお茶会に登場した薬膳の小鉢です。
a0121782_19424555.jpg

<材料と作り方>→ 春キャベツ(さっとゆでたもの)のザク切りとみょうがの千切り(ここでは食用菊も加えています)に、ゆでたにんにく一かけをつぶしたものとしょうがのすりおろし、ごま油、しょうゆ、すし酢で和え、すり黒ゴマをたっぷり加えます。最後に、あればクコの実をトッピングして出来上がり。あくまで薄味に、素材の旨みを生かすのがコツ。

☆春にたくさん摂りたい甘いお野菜の代表・春キャベツに、解毒効果のあるみょうが、老化による肌や髪の乾燥、様々な更年期の症状に効く黒ゴマ、目のトラブルやアンチエイジング効果の高いクコの実、同じく目のトラブルやめまい、高血圧、解毒の効果がある菊、という女性に嬉しい薬膳です。

そして春の終わりを惜しむような、桜のおこわ。こちらも超簡単!
a0121782_2014746.jpg

もち米と白米各1カップを合わせて水に1時間ほどつけておく。桜の塩漬け適量を、塩を落とさないまま米に混ぜて、おこわモードで炊く。以上

☆もち米は食欲減退、疲労時ににエネルギーを補います。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-04-26 21:19 | 漢方&薬膳

春の薬膳茶

基礎から勉強中の漢方

難しい哲学のお話は別として、学んだことの中ですぐに生活に取り入れられるものは取り入れていきます。

皆さんにお伝えすることで、私自身の復習にもなります!


今朝は、春の「養生※」のあり方をベースにした、薬膳茶をブレンドしてみました。
a0121782_8322783.jpg

上海の茶芸の師、麗先生のオリジナルブレンド「健康茶」をベースに、ローズ、ジャスミンをブレンドしました。


良い香りをかぐことによって「気」の滞りを流し、うつうつとした気分を爽やかに変えます。

ストレスで気と血の巡りが悪くなることは、冷え性につながる要因の一つです。

女性にとって冷えは万病の元。頭寒足熱を心がけることも大切です。

More → 続きはこちら
[PR]
by xiang-hua | 2011-04-20 09:12 | 漢方&薬膳
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite