le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:漢方&薬膳( 58 )

元気を補うスウィーツ

薬膳の実習で試食した、棗とクコのスウィーツです。
a0121782_12573248.jpg




高麗人参も入っていますが、ごぼうのような味で気にならないし、陳皮(チンピ)の酸味がアクセントになって、とても美味しかった!

とろみは蓮根の粉、甘味は黒砂糖とはちみつでつけてあります。

ここにハスの実なんか入れてみてもいいかなぁと思いました。



ナツメとクコは、気血を補う食べ物なので特に女性は毎日食べたいものです。

ただ、毎日何か工夫して食べるというのは難しいものなので、このようにある程度作り置きできるものを作って、毎日少しずつでも食べると良いですね ^^



来年は、薬膳をご紹介するクラスも企画しようと考えています。

どうぞよろしくお願いいたします☆
[PR]
by xiang-hua | 2011-12-27 13:03 | 漢方&薬膳

簡単手作り☆温めグッズ

11月に突入しましたね。今年もあと2か月。早いものです・・・。

日中は季節はずれの暖かさが続いていますが、足腰の冷えが気になりませんか?


冷えは万病の元、特に女性にとっては、肩こりだけでなくお肌のシミ・くすみなどの原因にもなる大敵です!

最近愛用しているのは、ホットタオルの湯たんぽ。作り方は

①お湯で絞ったハンドタオルを、電子レンジで30秒ほど温めます。
  結構熱めの方が、冷めにくくて良いです。

②ポリ袋に入れたら、更にフェイスタオルで包みます。

これだけ~


ホットタオルが中心に来るように包んだらタオルの両端を持って首や、お腹、肩などに当てます。

じわ~っと温たまって、幸せな気持ちです☆

冷えが気になる皆さん、是非やってみて!



お腹や腰に挟みたいですね~  やっぱり必要かな~ハラマキ^^;

皆さん、私のハラマキ姿、想像しないでね ><



更に、身体の外からだけでなく、中から温めることも大切!

最近手作りしているのは、みかんの皮を乾燥させた陳皮(チンピ)と乾姜(生姜を乾燥させたもの)です。
a0121782_925184.jpg

ほとんどの果物と同じようにみかんの果肉は身体を冷やしますが、皮には身体を温める作用があり、新陳代謝を高めて気の流れを良くします。

お茶に入れたり、煮だして料理に使ったり、簡単に取り入れられます。

七味唐辛子にも含まれていますよ。

陳皮は本来「古い皮」という意味ですから、古い方が効果が高いと言えます。

みかんは食べ頃になってきましたから、どんどんできます ^^

今のうちにたくさん作っておこうと思います。


みかんの皮は、表面のワックスをきれいに洗い流し、細かくちぎってから日光で乾燥させます。


生姜はスライスを一度電子レンジに4~5分かけるか、蒸してから、完全に乾燥するまで自然乾燥させます。

熱を加えることでジンゲオールという生姜に含まれる成分がショウガオールに変わり、温める力が格段に高くなります


ただし!

生姜ブームのようですが、温めればいいってものではありません。

胃炎や口内炎など、身体が炎症を起こしている時に温めすぎれば悪化しますし、ほてりがある場合も考え物です。

まずご自分の体調と相談しましょうね☆

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-11-02 09:37 | 漢方&薬膳

梅醤番茶

梅干し1個をつぶし、すりおろし生姜と醤油を少々加え、熱い番茶を注ぐだけ。
a0121782_10453858.jpg


朝の一杯で、おなかからポカポカ♪

胃腸の調子を整えるだけでなく、お腹の風邪の予防にも効果がありますよ ^ ^



ところで、この週末はハロウィーンを楽しんだ方も多いでしょうね。

仮装はしなかったけど、ジャック・オ・ランタンは息子が実験教室で手作りしました。 

数日経ってだいぶしなびてきたよ ^^;
a0121782_10493394.jpg




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-10-31 10:54 | 漢方&薬膳

風邪予防に・・・

秋めいたかと思うと急に暑くなったり、季節の変わり目は落ち着きませんが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

今日はまた冷たい風が朝から吹いて、肌寒い一日となりそうです。いよいよ本格的な秋到来!?

鼻がグスグス、喉が痛いと言う方も多いのではないのでしょうか?


身体を温め、消炎・解毒効果のあるねぎと生姜のスープは、風邪予防、風邪の引き始めに効きます。
a0121782_8364621.jpg


作り方はいたって簡単♪ 斜め切りにしたねぎとスライスした生姜を、
昆布だしやかつおだし、鶏ガラスープなど、お好みのだしを加えて煮ます。
最後に塩コショウで味を調えて、出来上がり。忙しい朝にもサッと作れます。

もちろん、そのままでも美味しいし、仕上げに溶いた卵を入れてかき卵スープに仕立てれば滋養もたっぷり、子供にも優しい味になりますよ♪

今朝は卵が切れていたので、天草の「あおさ」をトッピングしました。


もう一品、花にらと山芋のナムル風。 
a0121782_8431536.jpg


にらは胃腸を温め気の巡り、血行を良くし、解毒の働きがあります。
冷え症に効果大の食材です。

「山薬(さんやく)」という生薬でもある山芋は、胃を元気にし気を補う、できれば少量でも毎日摂りたい食材です。特に男性にはお勧め。


今回は大好きな「花にら」を使いました。つるっとした食感が山芋とマッチして美味しいんです☆

作り方はこちらも超簡単♪

①普通のにらならサッと、花にらは好みの柔らかさまで数分ゆで、冷水に取り、3センチくらいに切る。
②山芋はマッチ棒くらいの太さに揃え、こちらも長さ3センチくらいに切る。
③①が冷めたら②と合わせ、ごま油、醤油、塩で和えて味を調える。

柚子ごしょうや一味などで、味にアクセントをつけてもいいですね☆


体調を崩しやすいこの時期、胃に優しいものを食べて、特に女性は足腰の冷えに気を付けて過ごしましょうね~。
[PR]
by xiang-hua | 2011-09-26 08:55 | 漢方&薬膳

朝はお粥にしています

漢方では、人間の身体は気・血・水で構成されており、その中でも、気はとても重要な役割を果たしていると考えられています。

また、五臓の内の「脾」(胃腸周りの機能)の働きが良くなければ、どんなに栄養のある物を食べても身体に取り込むことができません。


脾を養うためには、穀類・豆類・芋類などを意識して摂ると良いでしょう。

また、「気は朝作られる」と言うように、朝ご飯を摂ることはとても大切です。


でも、「朝はどうも食欲がないわ~」という方も多いのではないでしょうか?

気が足りない「気虚」タイプにそういう方が多いはず。私もこのタイプに入ります。

そんな方にお勧めなのが、胃に優しく、脾を元気にしてくれるお粥です。

私が最近良く食べているのは、餅米+雑穀のお粥にクコの実、棗、松の実などを加えたお粥。
a0121782_8361037.jpg

鶏と一緒に炊いてサムゲタン風にしたり、塩だけでシンプルに仕上げたり、その日の気分で作ります。

圧力鍋で炊いて、中華粥風にお米の粒がなくなるまでドロドロにするのが好み。


クコの実は血を作り、アンチエイジングに効果大!毎日食べたい食材です。

棗(なつめ)は不眠など、あらゆる女性のトラブルに有効です。

松の実、などのナッツ類やゴマは、潤い成分がたっぷりで、乾燥しがちな肌や髪につやを与えてくれます。
どれも、中華食材のコーナーで買えますよ♪



腸を潤す作用のあるごま油を加えれば、便秘対策もばっちりです。

加齢と共に潤い不足になりがちなので、良質の油は是非、少量でも摂りましょう。


生姜のごま油付やザーサイのみじん切り、ピータンや香菜などをトッピングすれば、立派な朝食になりますね!


これからも、お粥レシピのレパートリーを増やしていきたいと思います。
[PR]
by xiang-hua | 2011-09-20 09:01 | 漢方&薬膳

むくみに効く!南蛮毛

「南蛮毛(なんばんげ)」とは、”トウモロコシのひげ”の生薬名です。

とうやって食べるの~とお思いでしょうが、お茶として煎じて飲みます。
a0121782_9182291.jpg


強い利尿作用があり、むくみ、慢性腎炎、血圧のコントロールに効果があります。

私のように湿気に弱い「水滞」タイプの方にも向いています。


今が旬でスーパーで気軽に買えるトウモロコシ♪ 

ひげも捨てないで、軽く洗ってお茶にしてみましょう。



手軽なティーバッグもあります。韓国フェアなどでしか見かけないけれど・・・。
a0121782_919132.jpg


最近はKALDIやドラッグストアで、ペットボトルの「とうもろこしのひげ茶」も見かけますね。


ひげ自体にはあまり味がないし、青臭さもちょっと気になりますが、
韓国のコーン茶などと合わせていれれば、コクが増して美味しいですよ♪

私は、むくみと美白・美肌に効果があるハトムギ茶と一緒にいれて、よく飲んでいます。



朝から顔や手足のむくみが気になる、という方に、おすすめです♪


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-09-02 09:21 | 漢方&薬膳

漢方養生指導士 

漢方養生指導士になりました。
a0121782_10261545.jpg


記憶力が落ちた大人になってからの試験勉強は大変(汗)でしたが、お陰様で合格しました☆

半年の勉強では、まだまだひよっこ。

更に上のステージを目指すためのパスポートである認定証が届き、9月からは、漢方理論をベースにした体質の見分け方を身に着け、具体的な悩み別に対処できる「漢方スタイリスト」を目指す講座を受けることができます。

薬膳、茶芸、ツボなどの実践もあり、楽しみです♪


今年は学ぶ年!と決めていたのですから、

焦りそうになる気持ちを抑えて、目の前の小さな目標を着実にこなしながら少しずつでも前進していきたいと思っています。


広い意味で、中国茶も漢方に含まれます。

お茶を単なる嗜好品としてだけではなく、健康と美容を保つためのアプローチとしてもとらえ、

サロンにお越しくださる皆様と共に、楽しみながら学んでいきたいと願っております。


これからも、お付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。


そして、このブログを見て当サロン、もしくは私(笑)に少しでも興味を持ってくださった方へ

無料ではありませんが、体験レッスンも行っております。

詳細、予約につきましては、下記アドレス宛にどうぞお気軽にお問合せください。

xianghua@live.jp 


香華
[PR]
by xiang-hua | 2011-08-29 10:32 | 漢方&薬膳

タブーリ(中近東のパセリサラダ)

vege&yogamaniaさんのお宅で手料理をいただく度に新しいレシピをしっかり盗み、ただでは帰らない私。役得です~(笑)

先日教えていただいたこのレシピ、この夏ヘビロテで我が家の食卓に上がっています。

レッスンでもお出しして、とても好評でした♪
a0121782_0322100.jpg


<材 料>
クスクス(炊いた雑穀)1/2カップ  パセリ1束  玉ねぎ1/2カップ  トマト(固めのもの半分)
きゅうり1/2本  A(オリーブオイル大さじ1  レモン汁+ビネガー大さじ1(または梅酢) 
塩コショウ適宜)

<作り方>
1カップのお湯を沸かし、塩とオリーブオイルを少量加えてクスクスを茹でる。
(または、雑穀を炊く・・・例;ひえ1合にカップ1の水を加え13~15分火にかける)
冷ましてからパセリ、トマト、きゅうりはみじん切り、全てあわせ、Aと合わせて完成!

簡単でしょ~?ちょっと大変なのはパセリのみじん切りくらいかな。

でも、これが美味しいの~!爽やかで、食欲のない暑い日でもたくさん食べられます。

パセリはビタミンCが豊富なので、飾りに使うだけではなく、沢山食べたいですね。
[PR]
by xiang-hua | 2011-07-15 00:12 | 漢方&薬膳

薬膳的☆夏野菜カレー

あっつーい(汗)

節電+漢方養生的に、エアコンなしの生活を続けております(中国茶レッスンの時はつけてます!!)

汗をかくことにはさほど苦しさを感じないんですが、鼻の頭とおでこにあせもができてしまいました。いつぶりだろう・・・(笑)



さて、こんなに暑いと長い間キッチンに立つのは辛いので、料理時間を短縮できるメニューを探してしまいますね。

作り置きができるカレーが一番だわ! という方も多いと思います。

昨夜、我が家も久々にカレーを作りました。

a0121782_1341623.jpg


ルーは市販のバーモント・カレー(甘口)なのですが、どこが薬膳かというと、まず、ご飯。

はと麦ととうもろこしを炊き込んだご飯です。

体質的に体に湿がたまる水滞タイプの私は、はと麦を毎日食べていますが、胃腸の調子が良いし、水分代謝が良くなったように感じます。

子宮筋腫の方にも良いそうですよ。

とうもろこしも、利水(余分な水分を排出する)の食物です。


カレーの方はといいますと、まず、オリーブオイルでにんにくとしょうがのみじん切りを熱し香りを出してから、具として、ズッキーニ、赤ピーマン、白いんげんと玉ねぎ、ジャガイモ、豚ひき肉を炒めて作ります。最後に、accoさんにいただいた、手作りの白いんげんの水煮を加えました。

ズッキーニは瓜科の野菜。
体の熱を取り、喉の渇き、イライラ、むくみなどを解消する他、高血圧予防、脳卒中の後遺症にも効きます。

赤ピーマンは血液の流れを良くし、神経を沈静させる働きがあり、動脈硬化の方や、憂鬱な気持ちの時にお勧めです。また、胃腸の調子を整え、食欲不振の時にも良い食材です。

ジャガイモは消炎、解毒作用があり、水分代謝を高めます。

白いんげんなど、豆科の食べ物は、体の余分な熱を排出し、胃腸を丈夫にします。

豚肉は滋養強壮、また身体に潤いを与えるので肌の乾燥を防ぎ、アンチエイジングに効く食材です。


生薬としても使われるターメリック(うこん)、シナモン(桂皮)など、スパイスを沢山使ったカレーは薬膳的にも体を温め、食欲不振の時に良いとされています。

だから、本当はきちんとルーから作った方が良いですよね、うん。時間がある時にはそうしようと思います。

私はこれに、アンチエイジング、髪や肌のパサつき防止に効果大の黒すりゴマをたっぷりかけて食べてます。

黒ゴマは白髪にも良いので、生え際が気になる人はたくさん食べましょう!



たくさんの食材を一度に摂れるカレーって、本当に便利♪ 

冷えとイライラに効くらっきょうと一緒に食べると、心も体も元気になりますよ!

ルーには、りんごのすりおろしと蜂蜜を加え、子どもも食べやすくしました。

そう言えば、先日小学校で行われた給食試食会の時のメニューも、ビーンズカレーだったなぁ。

美味しかった~。



夏こそカレー(どこかで聞いたような?)!!

でも、作りすぎて毎日カレーで飽きちゃった、という事もありがち(笑)。適度な量にしておきましょうね。

また、新しいバージョンの薬膳カレーに挑戦してみようと思います。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-07-12 14:09 | 漢方&薬膳

黒ゴマ&しょうがで冷え性&美肌・エイジング・ケア

夏も本番。食欲は落ちるし、長い間火を使うお料理はしたくないですよね!

でも、夏でも女性に冷えは大敵。体を冷やす料理が多い夏こそ、しょうがを上手に使って冷え対策をしましょう。
黒ゴマはエイジングによるパワー不足、美肌効果があります。
この二つの食材を組み合わせた、最近お気に入りのレシピを2つ紹介します。
短時間でできて、かつ滋養たっぷり、冷え性とエイジングケア、美肌対策もばっちりですよ!


まず、我が家では良く作る春菊とくるみのサラダ
a0121782_1020389.jpg

①春菊は葉の柔らかいところだけを摘み、水に放しておき、水気を取る。今回の春菊は茎も柔らかかったので使いました。
②くるみは袋に入れてたたいて砕く。
③ごま油、塩、しょうがのすりおろし、黒すりゴマたっぷりに、お好みでしょうゆ少々を加えて和えて完成!

くるみは滋養強壮に。
春菊は胃の調子を整え、不眠やストレスを解消する他、鉄分も豊富なので貧血の人には良い食材です。

蒸し鳥を裂いて加えたり、ナンプラーでエスニックな風味にしても美味しいですよ!


もう一品は夏の定番、冷製パスタ。以前のブログにも登場しました。
残った野菜や魚介類、ハムなどを使って簡単に作れるので便利な一品です。
今日はえびとたこが少しずつあったので、トマトと一緒に使ってみました。
a0121782_10212629.jpg

①トマトは角切り、ゆでたえびとたこは1センチ程度に切っておく。
②パスタ(カッペリーニ)をゆで、冷たい水でしめた後、キッチンペーパーなどで水気をしっかり取る。
③①に黒すりゴマとしょうがのすりおろし適量、塩コショウ+オリーブオイルを加え、②と和えて出来上がり。
この日はバジルペーストを加えてよりイタリアンな風味にしてみましたが、
おしょうゆやめんつゆを少し加えるとちょっぴり和風テイスト。味のバリエーションが楽しめますね♪

えびもたこも低カロリーでありながら、スタミナアップに良い食材です。
たこは物忘れや高血圧・動脈硬化予防に効果あり。
えびは体を温め、コレステロール吸収を抑えて排出する働きがあります。


最近、うちの黒すりゴマの消費量はすごいです!

本当は黒ゴマを炒ってすり鉢でするのが一番良いと思うのですが、
なにせ面倒くさがり屋なので、手軽なすりゴマを普通のスーパーで買ってます。

続けていたら、肌や髪のパサパサがなくなってきた気がしますよ。

お肌の乾燥が気になる方、試してみてくださいね~。

次回は、vege&yogamaniaさん直伝の夏のレシピを紹介しまーす♪


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-07-06 10:33 | 漢方&薬膳
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite