le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

ジメジメ湿を遠ざけて梅雨も快適に

関東もとうとう梅雨入りし・・・と思ったら、1日で1か月分!?の大雨

なんだか、先が思いやられてしまいますね。

気温の方は少し下がって、冷たくジメジメした気候。


ジメジメの湿邪に加えて冷たい外気の寒邪が体に侵入、

また冷たい飲食をとりすぎると「寒湿」となり、

お腹を壊したり、むくみ、頭痛、からだの重だるさ、などの症状が表れるのです。



湿邪から体を守るためには、

①外の湿をからだの中に入れない

②体内の余分な湿を上手に追い出す 

この2点を意識することがカギになります。



外気の湿は、毛穴を通って体内に侵入します。

特に足元はなるべく雨に濡れないようにして、濡れたらすぐに拭きとる、着替えるなどして

湿をからだに入れない!そして乾燥を心掛けることが大切です。


その上で、冷えからも体を守ること。

お水は冷えると固まって、巡りが悪くなってしまいます。

特に下半身は冷えないように、温めて水の巡りを良くしましょう。


食生活でも湿を追い出し水巡りを良くする食材を上手に摂ることが大切です。

冬瓜など瓜科のもの、小豆をはじめ豆類、とうもろこし、などなど。

薬膳では良く使われる金針菜(キンシンサイ)も利水効果を高める食材です。

先月~今月の薬膳レッスンでは、利水の金針菜ともやし、きゅうりに体を温める大葉を使った

薬膳生春巻きを召し上がっていただきました。

a0121782_9301735.jpg



冬瓜などからだを冷やす食材には、体を温める薬味をプラスするなどして、

冷えすぎを防ぎましょう。


養生ポイントを上手に押さえて、心とからだが重くなりがちな梅雨の時期を快適に過ごしたいものですね♪
[PR]
by xiang-hua | 2014-06-07 09:37 | 漢方&薬膳
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite