le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

上海でのお買い物 景徳鎮 桃とこうもり

上海で、買おうと決めていたのが景徳鎮の器。

「小岩堂」さんは豫園と古北にショップがあり、上海在住の日本人に人気のお店です。

日本で有名な某女性料理家も度々直接買い付けやオーダーに訪れているとか。


店内には所狭しと器が並べられ、とっても迷ってしまいましたが

最終的に茶器+お皿2枚、で落ち着きました。

お皿の一つは、中国ではおめでたいデザインとして定番の「桃とこうもり」。
a0121782_9585211.jpg

いかにもって感じではありますが・・・(*^_^*)

お部屋に飾るだけで幸せになれるようなオーラがあって、気に入りました。

あ、誤解のないよう申し上げておきますが、今でも十分幸せです♪♪♪  


博物館にある本物は1億何千万円・・・ってお店の方に説明されてもピンときませんが、

レプリカとして上質なものです。


「桃とこうもり」は日本人には違和感のある組み合わせですが、中国では幸福の象徴として

清代より多く用いられ、茶器のデザインとしても定番です。

桃は長寿を表し、邪気を払う意味があります。

こうもりは「蝙蝠」。「蝙」と「福」の発音が同じことから、幸福の象徴とされているそうです。


漢方的には、桃は身体を温め、気を補ってくれる、高い効能を持つ果物。

桃の種は「桃仁」と言う生薬。よどんだ血を流す働きがあり、お血体質の改善に使われます。

昔から桃が健康を守るおめでたい果物として喜ばれていたことから

不老長寿の象徴となっていったのでしょう。



今のところまだお皿として出番がありませんが、器は使ってなんぼ、だと思いますので

大切に使っていこうと思います。
[PR]
by xiang-hua | 2013-08-31 10:10 | つれづれ
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite