le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

天草 丸尾焼の器

夏休みに訪れた天草で、丸尾焼の器を買いました。

パンフレットの説明によると、丸尾焼は、古く江戸時代末期から熊本県天草に続く窯で、

80年ほど前 三代目を継承した金澤武雄によって、丸尾焼という名が定められたそうです。

懐古的になりがちな工芸の世界の中で、現在の丸尾焼は生活空間をより豊かにする

日用品としての陶器の可能性を求めているそうで、温かみのあるシンプルなデザインが特徴。

お値段も、お財布に嬉しいお手頃価格!


丸尾焼の器は妹夫婦が愛用していて、私もお土産でもらったりしていたのですが、

お店を訪ねたのは初めてでした。

a0121782_1471540.jpg

お店は木のぬくもりを生かしたギャラリーの作り。

無料でコーヒーが飲める大きな木のテーブルもあり、とても素敵なお店でした。、

夏なので、子供にはかき氷を出してくれました!


さて、何を買おうか・・・

滞在できる時間は短かく、たくさんある器から欲しい器を選ぶのは大変!

できればぜーんぶほしいくらい~(>_<)


で、さんざん迷ったあげく、息子と夫のためにご飯茶碗を買いました。
a0121782_1484837.jpg


ボーダーの柄は息子が自分で選んだもの。

たくさん食べるパパには、一回り大きなどんぶり風。


自分のお茶碗は悩んでしまい、とうとう選べず・・・

その代り?お茶用に、買ったこの二つ。
a0121782_14112723.jpg

黒い方は、縁のデザイン上、陶器としては限界まで薄くしてあるそうで

チップしやすいので気を付けてください、とお店の方に言われたのですが。。。


戻ってきてあけたら、ガーン 注ぎ口の所が早速チップしてました(泣)

しっかり包んであったのになぁ、クスン

でも、使うぞー
[PR]
by xiang-hua | 2013-08-28 14:15 | つれづれ
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite