le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

「薬膳」としての卵がけご飯

「たまごがけごはん」も、立派な薬膳。と言ったら驚かれるでしょうか?
a0121782_11454553.jpg


卵の黄身には、血を補い体を潤してくれる働きがあり、不眠や肌の乾燥にも効果的。

白身は体の余分な熱をさまし、のどの痛みや咳、目の充血を癒します。


例えば朝、気を補う炊き立てのご飯にかけて、一日の元気を養う一膳に。

最近は卵掛けご飯専用のたれなども売っていますが、なるべく添加物は避け

普通の「お醤油」がお勧め。卵の美味しさも損なわれません。

もちろん、アレルゲンにもなりやすい卵、食べ過ぎは禁物ですよ。



薬膳と言えば難しいイメージをお持ちの方も多いのですが、

実はこんな簡単で取り入れやすいメニューも「薬膳」なのです。

体に足りないものを補う、滞っていれば流す、と言うシンプルな考え方が身に着けば

決して難しいものではありません。


今話題の南雲式、マクロビオティック、ローフードなどなど、

健康に良いと言われる食のあり方の種類は増え続けるばかり。

何をどんな風に食べればよいのか迷っちゃうわ~と思っている方も多いはず。

ですが、答えは簡単。自分のライフスタイルに合ったものを選べは良いのです。


何かに極端に傾くことを良しとせず、「バランス」を重視するのが漢方・薬膳の考え方。

例えば、気が足りない「気虚」タイプの人が、頑張ってすごい薬膳を作ること、

これは、頑張りすぎて気を消耗してしまい、逆効果。

ストレスがたまりがちで気が滞っている「気滞」タイプの人も

料理を無理に頑張りすぎると余計にストレスがたまり、逆効果。

薬膳の基本に反していると考えられます。


自分の体調・体質と相談しながら無理なく続けられる「薬膳」は

ライフスタイルを問わず、広く受け入れられる方法ではないかと思います。


そのような考えのもと、自宅サロン、そしてカルチャーの講座でも、

皆さんがご自分やご家族の身体と相談して、自然に食材を選べるようになるための

ささやかなお手伝いができればと思っています。


さてさて、こちらはストリングスホテル東京インターコンチネンタルホテル26F

チャイニーズ・レストラン「チャイナ・シャドー」の「菜譜」。
a0121782_11542070.jpg


今年初めての定例ランチ会は、限られた時間ながら、

紹興酒の飲み比べにいつものガールズ・トーク♪で盛り上がりました。

今年も、こんな楽しい時間でリフレッシュしながら、

無理なく(笑)前に進んでいければと思っています。
[PR]
by xiang-hua | 2013-01-18 12:26 | 漢方&薬膳
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite