le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

『花の生涯〜梅蘭芳〜 』

久々のムービー・レビューです。

私は気に入った映画を何度も観る方なので、DVD化されているちょっと前の映画ばかりですが(笑)。



優雅な気分に浸りたい時、観る映画があります。

清代の終わりから戦後にかけて、京劇の天才女形とうたわれた梅蘭芳(メイ・ランファン)の生涯をつづった、『花の生涯〜梅蘭芳〜 』。 

監督は、チェン・カイコーです。
a0121782_1028041.jpg


華やかな世界でトップの座を守りながらも、生涯孤独だったと言われる梅蘭芳の美しくもはかなげな人生が、激しく移り変わる時代を背景に描かれています。

ストーリーは、当時、同じ梨園の世界で名男形として人気の高かった 孟小冬(モン・シャオトン)との悲恋に焦点が当てられたものになっています。

実際には、梅蘭芳には他にも愛人がいて、孟小冬は第三夫人だったそうですが。

そんなことは、どうでもよい。



主演はレオン・ライ。 去年上海に行った時に訪れたマダム・タッソー館には、彼の梅蘭芳を演じた時のイメージで作られた蝋人形が展示してありました(もちろん、私と彼のツーショットも撮りました♪)。
a0121782_10152040.jpg


孟小冬を演じたのは、チャン・ツィイーです。彼女のチーパオ(チャイナドレス)姿がとてもキレイ!で、マネしたくなります♪ 

チャイナドレスは身体の線がはっきり出てしまうので、着るのはなかなか勇気が要りますが、ダイエットのモチベーションをあげるかも!?



映画には描かれていませんが、実際の孟小冬は、梅蘭芳との恋に終止符を打った後、上海のマフィアのボス、杜月笙の女になり、

最終的には香港で 杜氏と結婚したそうです。

杜月笙と言えば、私が最近上海の定宿にしている、東湖賓館の持ち主でした。

孟小冬がここに住んだことがあるかどうかはわかりませんが、少しでもつながりがあると思っただけで、なんとなく嬉しい気持ち☆



映画には梅蘭芳が蓋碗(がいわん)でお茶を飲むシーンも出てきますが、女形だけあって女性として見習うべき優雅なしぐさが印象的です。


中国茶を美しく飲むお手本にもなりますよ☆



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2012-01-25 10:39 | movie review
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite