le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

春の薬膳茶

基礎から勉強中の漢方

難しい哲学のお話は別として、学んだことの中ですぐに生活に取り入れられるものは取り入れていきます。

皆さんにお伝えすることで、私自身の復習にもなります!


今朝は、春の「養生※」のあり方をベースにした、薬膳茶をブレンドしてみました。
a0121782_8322783.jpg

上海の茶芸の師、麗先生のオリジナルブレンド「健康茶」をベースに、ローズ、ジャスミンをブレンドしました。


良い香りをかぐことによって「気」の滞りを流し、うつうつとした気分を爽やかに変えます。

ストレスで気と血の巡りが悪くなることは、冷え性につながる要因の一つです。

女性にとって冷えは万病の元。頭寒足熱を心がけることも大切です。



春の養生のポイント

☆早起きをして、春の朝日を体いっぱいに浴びて散歩する→自然の陽気を取り入れる
☆心中の意欲を起こし、育てる。意欲をのびのびと、抑え付けないようにする
☆春はゆっくり迎える(急に薄着になるのではなく、少しずつ着るものを減らして”頭寒足熱”を心がける)
☆旬の甘い食材(キャベツ、豆、穀物、かぼちゃなど)を多く摂り、収斂作用があり春ののびのびを抑える酸味や刺激物は控える。
☆ねぎ、ニラ、にんにくなど陽気を補う食材を上手に取り入れ、抵抗力を高める


特に女性は、気・血が少ない/巡らないことが病気につながります。

気血を補う食材としては、ねぎ、しょうが、ミントなどを上手に使いましょう。

山菜のほろ苦さには、解毒作用があります。


冷え性に関して言えば、女性は筋肉が少なく熱の生産性が足りないので、適度な運動で筋肉を補うことも、大切。

ただし、やみくもに体を動かすのではなく、自分の体力に合った運動が気血のめぐりを良くします。

あまりに激しい運動で汗をかきすぎることは、気を失うことにつながり、逆効果です。


※「養生」とは
健康状態と生活のあり方を的確に判断することから始まり、より一層健康になるための方向性を示してくれる考え方。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-04-20 09:12 | 漢方&薬膳
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite