le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

“Nagasaki Leaf” とお慶さんの足跡

10年ぶりに長崎を訪れました。
冷たい朝の海風を受けながら坂道を登り、まずは大浦天主堂へ。現存する日本最古の木造建築の教会で、殉教した26聖人を祀ってあります。
高い天井やステンドグラスを眺めながら教会の椅子に座っていると、クリスチャンでなくとも心が洗われます。
a0121782_8422319.jpg

次に、夫は坂本龍馬、私は龍馬の時代に茶商として大成功を収めた大浦慶(NHK大河ドラマの「龍馬伝」では余紀美子さんが演じていた)の足跡を求めて、海外から移り住んだ商人の旧邸宅が建ち並ぶグラバー園へ。鎖国時代、長崎は日本で唯一海外に開かれた土地だったのです。

武器商の他に茶の輸出にも関わっていたトーマス・グラバーの旧住宅裏にある小屋の中には、茶を炒るための釜が残されています。
a0121782_984476.jpg

グラバー園には、大浦慶に茶を大量注文するため長崎へ来航したイギリス商人、ウイリアム・オルトの邸宅もあります。大浦慶と共に茶の輸出で巨万の富を得たオルトの家は、グラバー園の邸宅の中で最も大きく立派で、国の重要文化財に指定されています。
a0121782_912181.jpg

大浦慶が輸出したお茶は佐賀県の嬉野茶でした。オルトの大量注文に応えるためお慶さんはあちこちから茶を買い集めたそうです。アメリカ、ヨーロッパ、ロシアへ輸出された日本茶は、当時“Nagasaki Leaf”と呼ばれ、砂糖やミルクを加えて飲まれていたようです。

本の上でしか知らないお慶さんでしたが、実際に長崎の街を歩くことで、少しだけ距離が縮まった気がしました。
a0121782_9231244.jpg


↓ ↓ ↓ よろしければ、ワンクリックお願いします
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
[PR]
by xiang-hua | 2011-01-11 09:23 | tea time
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite