le salon  香 華  美・アンチエイジング薬膳&中国茶サロン

xiangcha.exblog.jp ブログトップ

夢&ワイン

忙しかった一日が終わり、ワインを片手にほっと一息・・・なーんて言うとかっこ良く聞こえるけど、実際はすぐそばで子供がおもちゃをばらまくし、テレビの音はガンガンうるさいし、雰囲気に浸るどころじゃないのが現実。はぁ~
a0121782_19481985.jpg


さて、日経新聞に「私の履歴書」という連載がありますが、今回は有馬稲子さんです。

今日の彼女のエッセイから。

女優一筋の人生でついに本物の履歴書を書くことがなかった彼女は、100円ショップで履歴書を眺めながら様々な妄想を頭に描きます。そして、履歴書にはなぜ「夢」という欄がないのだろう?と思うのです。彼女の夢は、イギリスのコーンウォール半島のランズ・エンド、地の果てという名の場所の、海を背にした断崖につくられた野外劇場で「源氏物語」を朗読してみたい、ということ。打ち寄せる波を伴奏に、光源氏役はダルビッシュ有考えられないそう(笑)。

素敵だと思いませんか!?「夢」と呼ぶにふさわしい、手に届きそうで届かなそうな、そして乙女チックで可愛らしい夢ですよね!しかも、年齢不詳ながら既にかなりの御年になっている有馬稲子さんが、こんな素敵な夢を持っているなんて!

それに比べて、私の夢はなんだろう?と自分自身に問いかけてみても、悲しいことになかなか頭に浮かびません。そもそも夢というのは頭で考えて出てくるものではないはずですよね。

「あなたの夢は?」と聞かれて、すぐに答えられる大人がどれだけいるでしょうか。日常にどっぷりつかって生活感一杯の毎日でも、人生を豊かにするために、そして人として魅力的でいるために、なんでもいいから夢を持つことは大切なんじゃないかなぁ。何せ夢見ることにお金はかからないし、どんな夢を見るのも自由だし。そんな思いを巡らせながら、ほろ酔いの夜はふけていくのでした。


さて、そろそろ子供を寝かせつけなくちゃ。
[PR]
by xiang-hua | 2010-04-27 19:53 | つれづれ
line

ル・サロン・シャンホア 田園都市線 青葉台駅 徒歩3分 


by シャンホア
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite